「ウィ二ンググループ」からの最新情報

デリヘルドライバーは縁の下の力持ち。「影のヒーロー役」を演じよう

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

「縁の下の力持ち」とは、仕事を完遂していく上で、表舞台には出てこなくても、
その人の存在や仕事がなければ、全体の仕事として成り立たない重要な役割を
果たしている人を指します。いわば「影のヒーロー役」なのです。

デリヘルドライバーの業務には、このような「縁の下の力持ち」や「影のヒーロー役」的な役割を果たすべき要素が多く含まれています。

送迎ドライバー業務は「縁の下の力持ち」的な仕事です。 

「縁の下の力持ち」とは、表舞台で活躍する人を裏舞台で支える人たちを指していう言葉。最も分かりやすい仕事で言えば、歌舞伎での黒子役や、その舞台を設営する人や、
照明を担当する人、衣装の準備や着せ替えなどを担当するスタッフたちを指します。

観客動員数を多くするには、表舞台に登場する役者の人気度や演技力などが
大きなウエイトを占めます。しかし、その役者の演じる舞台を、より魅力的に観客から満足していただくように仕上げるには、陰で支える多くの「縁の下の力持ち」の活躍が必要不可欠なのです。

“デリバリー”ヘルス業において、その“デリバリー”の業務を主体とするデリヘルドライバー業務においては、この「縁の下の力持ち」と言われる仕事の役割がピッタリと当てはまるような気がします。

「縁の下の力持ち」的な仕事に自信と誇りを持つ

演劇の表舞台には出てこない人たちの仕事を、よく“裏方の仕事”とも言います。表からは目立たず、頑張っていても評価されることは少ないかもしれません。時には報われず、嫌になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、裏方の目立たない地味な仕事があるからこそ、表舞台で活躍する役者たちが安心して演技に打ち込め、観客に満足していただいていることに、自信と誇りを持つべきです。

もし、自分のやっている裏方の仕事が上手くいかなければ、どのような不具合が生じるのかを想像してみれば、裏方の仕事の重要性が認識できるはずです。

デリヘルという仕事においては、コンパニオンが表舞台の役者です。デリヘルドライバーの仕事は、この表舞台の役者であるコンパニオンを引立て、最高の演技(プレイ)ができるように、「縁の下の力持ち」的な役割を果たすという重要な使命を担っています。

デリヘルドライバーとして、自信と誇りが持てるような「縁の下の力持ち」的役割を果たせるように努力が必要です。

デリヘルドライバー業務に向上心を持ち「影のヒーロー役」を演じよう

デリヘルでの送迎ドライバーとしての最低限の仕事は、コンパニオンを安全に時間通りに
送迎するという、単純作業的に言えばいわゆる運び屋の仕事です。

しかし、デリヘルに携わる中堅以上のスタッフや幹部クラスは、この送迎ドライバーの仕事の役割は非常に重要であることを認識し、また質の高い仕事内容を期待しています。
ドライバーのモチベーションの持ち方次第で、その仕事の役割が質的に大きく変わるということを分かっているからです。

正社員が入社して最初に覚えるのもこのドライバーの業務からですが、この業務をどれくらいの質的レベルで遂行できるかで、その正社員がスタッフとして質の高い仕事ができるか否かがおおよそ判断できるといえます。

デリヘルドライバー業務の質的な向上心を高めるには、「縁の下の力持ち」となって、お店の業績向上の「影のヒーロー役」になるという心構えが重要です。

デリヘルドライバーは、コンパニオンという表舞台役者を最高の状態で送迎し、お客様にも最高の満足を与えられるような「縁の下の力持ち」としての役割を意識することで、向上心を磨くことができます。

さらに「影のヒーロー役」を演じることをモチベーションに出来れば、お店の業績向上にも貢献できて、最高のやりがいのある仕事として取り組むことができます。

  

業績数字

企業理念

お問合わせ

待遇・募集要項