「ウィ二ンググループ」からの最新情報

ドライバー業務に必要なコンパニオンを癒す5つのテクニック!

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

デリヘルのドライバー業務にとっての、基本的な仕事は、数多くのコンパニオンを目的地まで、安全に正確に送迎することは当然のことでいうまでもありません。

しかし、このドライバー業務という仕事に本当の“やりがい”を求めるならば、若いコンパニオンたちを励まし、勇気づけて、“安らぎ”と“癒し”を与えることです

余計なお節介や無駄な会話などは要りません。大切なことは、精神的にも、肉体的にも非常にハードな仕事をして、稼いでくれていることに「感謝」の気持ちを抱くということです。自分の仕事があるのも、給料が貰えるのも彼女たちのおかげだと・・・。

感謝の気持ちがあれば、おのずと表面の態度に表れ、彼女たちにも通じるはずです。
彼女たちから信頼されるドライバー業務を目指し、コンパニオンを癒す為の5つのテクニックを紹介します。

(1)いつでも“ニコニコ笑顔”でいる

コンパニオンが元気な時も、落ち込んでいる時も、たえず“笑顔”でいましょう。笑顔は「好意のシンボル」とも言われ、相手に敵意や嫌気を示すことなく、好意を持っている事を言葉なしでも伝えることができます。

心理学に「返報性の法則」という理論があって、自分が持っている気持ちと同様に相手も反応してくるという法則です。いつも笑顔でいることは、この法則の「笑顔(好意)の返報性」にあたり、元気のない相手も笑顔を返してくれるようになります。

ドライバー業務において、いつも笑顔でいることは、コンパニオンを癒すことのできる
テクニックのひとつなのです。

(2)コンパニオンを良く観察し空気を読む

コンパニオンの仕事は、精神的にも肉体的にもハードで大変です。体調不良や精神的ストレスなど、健康維持にも神経をすり減らしています。日々刻々とその状態は変化していると思って下さい。

コンパニオンが疲れ切って、つかの間の休息と安らぎを求めているような時に、無神経に話しかけたりすると、「ウザい!」と迷惑がられたりしますので、細心の心遣いが必要です。

コンパニオンの状態を良く観察し、臨機応変、適宜適応に接することがポイントです。
ドライバー業務において、いつでもコンパニオンの状態を良く観察して、その場の空気を読みながら行動することは、コンパニオンを癒すための重要なテクニックなのです。

(3)余計なことは聞かない、話しかけない

コンパニオンたちには、人それぞれに他人には話したくないような“裏事情”を持っています。コンパニオンの方から話し掛けてこないような話題には触れないようにすることが賢明です。また話しかけてこられても個人的な仕事以外の話には、うなずく程度にして、聞き流しましょう。

ドライバー業務においては、業務以外の会話は基本的に禁止です。業務以外の余計な質問や話しかけはしないこと。そしてコンパニオンの話しかけには、ひたすら聞き役として頷く(うなずく)程度が、コンパニオンを癒す結果になるのです。

(4)会話は、優しく丁寧な言葉遣いを心がける

コンパニオンは気持ちが苛立っている時も、度々あります。精神状態が不安定な時に、荒い言葉や汚い言葉などは禁物です。もちろん、感謝の気持ちがあれば、そのような言葉は出る訳などありませんが・・・。

“笑顔”と“丁寧な言葉遣い”の2つの要素だけで、相手の心を十分に“癒す”ことができます。

笑顔と丁寧な言葉遣いこそ、ドライバー業務において、コンパニオンを癒すことのできる最大の武器でありテクニックなのです。

(5)お客様の接客が終わるごとに「お疲れ様でした。ありがとうございます」と言う

どのコンパニオンに対してでも、お客様との接客が終了したら、その都度「お疲れ様でした!」と”労い(ねぎらい)”の言葉を掛けてあげることは重要なことです。続けて「ありがとうございます」とさりげなく”感謝の気持ち”も伝えると良いでしょう。

もしも、「なぜ、ありがとうございますなの?」と聞かれたら、「あなたの頑張りのお蔭で、ドライバ―の仕事があるのです」と、さらりと返答しましょう。

このような“労い(ねぎらい)”と“感謝”言葉は、コンパニオンを癒すことのできる最高のテクニックなのです。

ドライバー業務においては、「笑顔」、「丁寧な言葉使い」、「“労い(ねぎらい)”と“感謝”言葉」は、コンパニオンとの良好な関係づくりに強力な武器となります。これに「空気を読む」ことと「余計な会話はしない」というテクニックを駆使してコンパニオンを癒すことができるのです。

これらの5つの言動の、毎日の”積み重ね”と”継続”が、ドライバー業務としてのあなたへの”信頼”へと成長していくのです。

  

業績数字

企業理念

お問合わせ

待遇・募集要項