「ウィ二ンググループ」からの最新情報

女性を活き活きと前向きにさせる男のマネジメント術を学ぶ

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

どんな職場でも、女性をビジネスパワーとして戦力化することは重要な課題です。男性がビジネススキルや理性で行動するのに対して、女性はデリケートで感情的です。

デリヘルという職場では、数多くの女性コンパニオンを管理しながら、モチベーション向上へ向けての動機づけを行うのは、男性スタッフの重要なマネジメント術です。

どのような心構えを持ち、どのように行動すれば、女性たちの信頼を得て、やる気を引き出し、女性を活き活きと前向きにさせることができるのでしょうか?そんな男のマネジメント術を学んでいきましょう。

女性に対する細かい観察力を磨く

デリケートで感情的な女性は、日々刻々とその心理状態や身体状態が変化します。ちょっとしたことでも感情的に動きやすいのです。

昨日は上機嫌で元気で明るく振る舞っていたのに、今日は暗く、不機嫌で落ち込んでいる。または午前中と午後では言動が異なるなど、変動が激しいのです。

女性ひとりひとりの表情や態度や言動に対して、微妙な変化を感じ取れるように、日ごろから細かい観察力を磨くようにしておくことも、男のマネジメント術なのです。

女性とのコミュニケーション(会話の回数)は質よりも量が大切

男性に対しては量よりも質で十分ですが、女性に対しては総量(回数)が重要です。もともと女性は討論や対話は好みません。女性同士では、ほとんどが反論や結論というものがない一般的会話が多いのが特徴です。

ひとりに対して1日に最低でも2回ぐらいの会話をするぐらいは心がけましょう。挨拶でもいいのです。「おはよう!きょうは元気よさそうだね!」とか「お疲れ様!今日は忙しくて大変でしたね!」とか・・・。これで十分なのです。

単なる挨拶だけであっても、相手に対しての“気遣い”や“ねぎらい”の気持ちが伝われば、女性は「私の存在を気にしてくれている」と“信頼”を寄せるのです。この日々の何でもない挨拶や会話の積み重ねこそが信頼へと繋がる男のマネジメント術なのです。

女性に対しては叱り上手(まともには叱らない)になる

心理学的に女性に多いのが、失敗やミスをした時に、そのことを内在化して自信喪失状態に陥るタイプです。従ってまともにその失敗やミスそのものを攻撃するだけでは余計なダメージだけを与えてしまいかねません。

そこで、まともに「叱らずとも伝わる方法」で接することが大切です。失敗をリカバリーするような内容にすることです。たとえば「この事例は、こんなことにも留意しておかないと誰でもミスし易いんだよな」と、なぜミスしたのか、どうしたら予防できるのかが重要です。

失敗したことでその女性そのものの人格までを否定するような叱り方は致命傷となります。
「あなたは失敗ばかりして困る!」というような言い方はタブーです。その女性は「わたしは不要な存在なのだ」と受取られてしまいます。

女性に対しては褒め上手になる

良い仕事をした時や頑張った時はもちろんですが、髪型が綺麗な時や、着ている服のセンスが良い時など、なんでもいいのです。とにかく女性が喜ぶようなことを褒めることです。
「髪型変えたんだね!似合ってるよ」だけでも喜んでくれます。

心理学的に、ネガテイブで他人依存型の自己肯定感の低いタイプが多いのも女性の特徴です。このタイプは良い仕事をしても、自分の自信や誇りに転換できなく、成功体験にもすることが出来ません。

このようなタイプの女性を褒めることによって、すこしずつ自信や自立性の回復へと導くきかっけとなります。女性を活き活きと前向きにさせるには「褒め上手」になることが上手なマネジメント術なのです。

女性に対しては公平性を保つ

女性には差別を嫌い「平等性」や「公平性」を重要視する傾向があります。したがって他の女性と比較されることも嫌います。特に特定の女性を持ち上げるような発言はNGです。

たとえ優秀な他の女性がいたとしても、その女性と比較するような発言はさけるべきです。
ひとりひとりの個人に対して向き合って、「悪いことは悪い」、「良いことは良い」という公平的な言動を保つことが重要です。

女性に対しては、公平性を保つマネジメント術は効果的でもあり重要です。

デリヘルの男性スタッフにとっては、数多くの女性コンパニオンを活き活きと前向きにさせるようなマネジメント術は、お店の人気度を高め、業績を伸ばす上でも重要です。

女性特有の心理学上の特性などを理解した上でのマネジメント術が必要とされます。

  

業績数字

企業理念

お問合わせ

待遇・募集要項