「ウィ二ンググループ」からの最新情報

婦人への献身・謙譲の心たる「騎士道精神」をデリヘルドライバー業務に活かす!

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

西欧の貴族社会から発展した「騎士道精神」の中に貴婦人に対する「献身と謙譲の精神」があります。この精神は紳士たる者は、婦人に対して献身と謙譲の心を持って接するという「レデイーファースト」などの精神として現代にまで引き継がれています。

デリヘル業においても「レデイーファースト」ならぬ「コンパニオンファースト」は常識です。デリヘルドライバーがコンパニオンとの接し方において心構えとして習得しておくべきことは、この騎士道精神の中核である婦人への献身と謙譲の精神なのです。

西欧の宮廷文化で培われた騎士道精神とは?

西欧の騎士(ナイト)には洗練された行動の道徳規範なるものがありました。その騎士に与えられた精神とは、最初の頃は忠誠を尽くすことと、武勲を立てることであったらしい。

その後、宮廷的愛なるものが重んじられ、「弱者を保護」することや「貴婦人への献身・謙譲」などが道徳規範とされたのです。

この騎士道の精神は「騎士道物語」として多くの小説や映画などでも取上げられてきました。特に「貴婦人への献身・謙譲」は騎士が貴婦人を崇拝し、奉仕を行うことであり、肉体的な愛ではなく、精神的な結びつきが重要とされたのです。

騎士たる者であるためには、武術に巧みなだけではなく、果敢、崇高、正義、忠誠、叡知、節度などを備え持つことは当たり前とされています。さらに宮廷の上品な習慣や礼儀作法をわきまえ、特に婦人の前では「献身・謙譲の心」を持って振る舞う人徳が必要とされたのです。

騎士道精神は、その後の西欧の社交術にも大きな影響を与え、現代でも残っている「レディーファースト」の「婦人への献身・謙譲」の美徳はその代表格なのです。

デリヘルドライバーには「コンパニオンへの献身・謙譲の心」が重要

コンパニオンはデリヘルにとっては最も重要な「資産」であり、ひとりの「女性としての人格者」でもあります。“献身”は少し大袈裟でしょうから、“守護”に直しましょうか。

つまりドライバーの精神的美徳とは
1、重要な資産であり人格者であるコンパニオンを守護すること
2、コンパニオンを尊重し、謙譲の言葉遣いや振る舞いを励行すること
となります。

「謙譲(けんじょう)」とは、「謙遜」や「謙虚」などの言葉と同様な意味で、「相手に対してへりくだって譲る」ことをいいます。つまり、自分の立場を低めることにより相手の立場を高めるような控え目なさまをいいます。

「謙譲」とは全く正反対の言葉が、「驕慢(きょうまん)」です。この意味は自分の威信を誇張し、おごり高ぶって相手を見下すことですが、この態度はコンパニオンに対しては、もちろん出来ませんよね。

デリヘルドライバーの業務内容を質的に高めるためには、コンパニオンとの信頼関係の構築が不可欠です。騎士道精神から進化した「レデイファースト」ならぬ「コンパニオンファースト」の精神が重要です。

ドライバ―として、騎士道精神の真髄である「婦人への献身と謙譲の精神」を持って、コンパニオンに接することができれば、コンパニオンたちからは、「信頼できるドライバ―」という“勲章”をもらえることになるでしょう。

  

業績数字

企業理念

お問合わせ

待遇・募集要項