「ウィ二ンググループ」からの最新情報

デリヘルスタッフが学べる一流アスリートの「集中力を高める」方法

投稿日: カテゴリー スタッフブログ

デリヘルスタッフのお客様との応対は電話、コンパニオンやドライバーとの連絡や指示なども電話やメールやラインなどが主体で、その応対、連絡、指示の内容には「正確性」が要求され、間違いは許されません。

派遣先の住所番地や部屋番号、お客様の電話番号など、一字違うだけで全くデタラメな情報となってしまいます。「絶対的な正確性」が要求されるのです。しかも頻繁に応対や連絡・支持を行わなければ業務は迅速・正確には遂行できません。

デリヘルスタッフには正確性を確実に維持するためには「集中力を高める」ことが要求されるのです。仕事中での集中力が欠けるとミスが出やすくなります。

一流アスリート3者の「集中力を高める」方法を学ぶ

それでは「集中力を高める」ためにはどうしたら良いのでしょうか?一流アスリートの集中力の高め方を観察し、その方法を応用するのもひとつの方法です。そこで今回は世界的にも一流としての評価を得ている、日本人アスリート3者の「集中力を高める」方法を観察してみましょう。

1)五郎丸(日本ラグビー代表)の「五郎丸ポーズ」
今話題の集中ポーズといえば、ラグビーでゴールキックの前にみせる「五郎丸ポーズ」でしょうね。この「五郎丸ポーズ」で「集中力を高める」ことで、驚異の成功率を誇っているのです。

ゴールキック直前に、体を少し前かがみにした体勢で、顔の前で人差し指を立てながら両手を合わせるポーズ。メンタル面を集中強化し、キックプレーの精度を上げる集中法で、キックの度に「ルーティン化」されて行っています。

2)イチロー(メジャーリーガー)の「ルーティン動作」
誰でもが知っているご存知イチローのポーズ。
イチローは、毎回決まったようにバッターボックスに入る前には、まず足の屈伸をします。さらにバッターボックスに入ると、今度はバットを真っ直ぐに立てて、ピッチャーの方を向きユニフォームの右肩を左手で捲りながらバットを構えますよね。

この儀式(ルーティン)はバッターボックスに入るたびに毎回繰り返し行われます。この一連のルーティンを行うことで、イチローなりに「集中力を高める」儀式を行っているのです。集中が高まると「ボールが止まったように見える」とも言われます。

3)本田圭介(サッカー)の「無口精神統一」
サッカーの本田圭佑選手が「集中力を高める」方法とは、少し変わっていて「無口になる」こと。試合のある数日前からすでに無言状態に入り、マスコミ対応も真摯にこなしていたのがウソのように報道陣を避けるようになるそうです。

本田選手の「集中力を高める」方法とは「誰とも話さない」ことで、自分だけの世界をつくり、自分自身に集中させているのでしょう。

自分なりに「集中力を高める」ための「ルーティン」を取り入れる

一流アスリートたちは、自分なりの「集中力を高める」方法をそれぞれに持っていますが、共通しているのは、ほとんどが儀式や習慣のようにルーティン化されていることです。

集中力が高まり、自分の思い通りに事が運ぶ状態を「ゾーンに入る」といいます。「打球線が描ける」「ゴールが見える」「ボールが止まって見える」「周囲の雑音が全く聞こえない」
などの現象です。

デリヘルスタッフの仕事においても「集中力を高める」ことで、自分のゾーンをつくることができれば、業務は確実に、正確に遂行できることは間違いありませんよね。自分なりのルーティン方法を見付けてはいかがでしょうか?

例えば、仕事を始める直前に「何か誓いを復唱する(つぶやく)」とか、軽いストレッチ運動をするなど、自分なりに脳をリセットして集中させる方法を習得することをおススメします。

デリヘルスタッフの業務遂行には正確性が要求されます。その正確性を業務中に保ち続けるためには「集中力を高める」必要があります。

世界の一流アスリートから、自分なりの「集中力を高める」方法を学ぶことで、デリヘルスタッフとしてのスキル向上に役立てることができます。

  

業績数字

企業理念

お問合わせ

待遇・募集要項