風俗求人に応募する前に予習する、女性との関係を築く観察力とは

78VIEWS
2018/01/12 内勤スタッフブログ
観察力

リーダーシップを発揮するためには「観察力」が必要です。たくさんのキャストを管理する男性スタッフにとっても、風俗店の円滑な運営のために重要となる能力でしょう。

組織やチームのメンバー一人ひとりの特徴や個性はもちろん、日々の体調や機嫌や心理状態なども細かく観察し、コミュニケーションに役立てましょう。

 

風俗店員だけではない、すべてのコミュニケーションに必須の空気を読む力

 

グループや集団でのその場の「空気を読み取る」為には、メンバーひとりひとりの表情や態度などから状況を判断し、瞬時での察知と反応が必要です。

風俗店の男性スタッフにとって、何よりキャストの女性たちが重要な観察対象となるでしょう。

キャストの髪型や化粧の仕方やファッションスタイルや表情、話しぶりなどの細かい変化に気づき、その日の心理状態までも見抜く観察力は、マネジメントする上で大きな武器となるでしょう。

その観察力を磨くには、日々の積み重ねが必要です。観察を習慣付けることで、微妙な変化を自然と見抜けるようになります。

このような変化や違和感を察知するとコミュニケーションという行動が簡単になります。

「髪型ショートにしたんだね!爽やかで似合ってるよ!」

「少し落ち込んでいない!体調でも悪いの?」

このように話しかけることで、コンパニオンは「私の存在を気にしてくれている」と好意の態度で接してくれるようになるでしょう。

この積み重ねが女性たちとの信頼関係を築くことになり、後々に大きなマネジメント力やリーダーシップ力として発揮されるのです。

 

また、電話での会話でしか空気を読むことのできないお客様に対しても、観察力は重要です。

電話では、相手の表情や態度などの視覚的な情報がありません。声の大きさや、トーン、口調などから相手の心理状態を観測する、高い能力が必要になります。

お客様が不安なのか、安心なのか、平常心なのか興奮状態なのか、穏やかなのか怒っているのかなどを電話での声だけで判断できれば、ミスやトラブルもなく円滑な対応ができます。

 

風俗の男性スタッフに必要な、さらに発展した観察力

 

適切なリーダーシップやマネジメントを行う上で、何か発言するにも、行動を起こすにも、まずは「観察」が必要となります。

この時、観察しなければならないのは大きく3つの要素です。

 

①場面

②人

③自分

 

①場面とは、たとえば会議やミーテイングの場、グループで集まっている場、2人が対峙している場など様々な場面があります。その場の空気によって、自分の対応の仕方が異なります。

 

・緊張した空気なのか

・リラックスした空気なのか

・また口論しているのか

・同調しているのか

 

このような場面の空気を読み取らない限り、ベストな行動はできません。見当違いなことをすると、その場にいる全員から非難を浴びることになるかもしれません。

②人とは、そのまま相手のことです。その時だけでなく、いつもとは違う、相手の表情や態度や口調などの微妙な変化を感じ取ることが重要です。

相手の変化を読み取ることで心理状態が察知でき、ベターなコミュニケーションが取れるようになります。

③自分とは、自身の感情や能力のこと。客観的に見つめて、冷静に、背伸びも萎縮もせず100%の自分を出すことを心がけます。

 

このように、場や人、そして自身の状況を読み取りながら、コミュニケーションの内容や方法を選んでいきます。

そのため、正しい観察ができなければ、適切な言動は取れません。そうなれば、円満な人間関係や信頼関係も築くことはできないでしょう。

風俗のスタッフにおいては、キャストの女性たち一人ひとりと良好な関係を築けず、働きにくい環境を作ってしまうことになります。

 

人を観察するということは、とても難しいことです。そのため、この能力は求人に応募する段階で必要とされるものではありません。

風俗の男性求人に応募する段階で何より必要なことはやる気。働く意欲さえあれば、実務のなかで深い観察力を養うことができるでしょう。

業界に興味を持っている方はもちろん、「自分や他人、その場のことを即座に理解できる人間になりたい」という男性も、風俗店で働いてみる価値があります。