風俗の男性求人で求められている、人間力を養う日常の五心とは

46VIEWS
2018/01/12 内勤スタッフブログ
成長する

風俗の男性スタッフには、「人間力」が求められます。キャストの女性や顧客と良い関係を築けるかどうかが、お店の売上に大きくかかわるためです。

しかし、人間力を養うにはどうすれば良いのか、知っている方は多くありません。

そこで、まずは「日常の五心」を心がけてみましょう。

 

「日常の五心」とは、人間の共同生活において必要不可欠な「人徳」である

 

「日常の五心」とは、次の5つ心を指します。

・ 「はい」 という 素直な心
・ 「ありがとう」 という 感謝の心
・ 「すみません」 という 反省の心
・ 「おかげさまで」 という 謙譲の心
・ 「私がやります」 という 奉仕の心

どれも、日常でごく当たり前のように使われる言葉です。

たとえば、自分が「おかげさまで……」と言えば、相手は「こちらこそ」と返します。また、「私がやります!」言えば、相手は「ありがとう」と返されます。

このように、これらの言葉を心がければ、周囲の人々から共感されるようになります。これこそが人間力です。

 

実は、この「日常の五心」は誰が創ったのかは明らかではありません。一説では日蓮宗や曹洞宗に縁があるとされていますが、それも不明確です。

しかし、実際にお寺での修行で使われ、学校や企業でも心構えとして張り出されるなど、あらゆる場所で活用されている大切な心です。

 

 

風俗の男性スタッフは小手先の技術よりも人間力=人徳が求められる

 

くれぐれも注意したいのは、人間力とは、人が持つ総合的な能力のことではないということ。つまり、家柄や資産、経歴、運動神経、知識などの合計ではないということです。

総合的な能力が高くても、いわゆる「嫌なヤツ」では周囲は付いていく気にはなりません。

風俗店では、さまざまな人々とかかわります。そのため、周囲と良い関係を築ける人間力、つまり「人徳」が必要になります。

とくに、キャストの女性を相手にする場合、理詰めするような冷たい男性より、包容力がある温かみのある男性のほうが好かれることは、何となく想像が付くはずです。

 

 

風俗の求人は学歴も経歴も関係なく、身一つで応募できます。その理由の1つが、計算やITなどの小手先の技術より、人間力を重視しているためです。

この力を高めるのは、そう簡単なことではありません。しかし、日常の五心を心がけることで、少しずつ養うことができます。