風俗業界への求人応募男性必見!風俗店での高収入と将来性は社会保険がポイント

働く男性と女性

異業種から風俗業界へ転身を考える方も少なくありません。そんな筆者も大手商社から風俗業界に飛び込んだ一人です。過去には「即日採用!高収入!」こんな求人募集広告に安易につられて痛い失敗も経験しています。

そんな私が再転職にあたって、まず重要なポイントとして考えたのは福利厚生面、特に社会保険の有無でした。風俗店を経営する企業の社会的信用や将来性、そして男性社員育成に対する姿勢などの判断基準となるからです。本当に高収入や厚待遇を期待できるのか?という一番大切な部分になります。

私自身個人経営のデリヘル店で短い期間働いた経験もありますが、トラブルにも巻き込まれました。福利厚生が整った風俗店経営企業であれば就職するメリットは数多くありますが、逆に社会保険すらない風俗店ではこのようなリスクが存在する場合も少なくありません。

そこで今回のコラムでは筆者の体験をもとに、これから転職先としてデリヘルなどの風俗店を選ぶなら何を基準にするべきか?という流れと共に、求人応募をする前に絶対に抑えておきたい優良風俗店の見分け方をお伝えしましょう!

コンプライアンス(法令遵守)面も徹底している風俗店求人で得られるメリット、そして個人経営店では最悪「無許可営業」などのトラブルも

 

ネット上に数多く存在する「風俗求人サイト」ですが、どの風俗店の募集広告を見ても応募する側からは同じように見えてしまいます。共通して書いているのは「高収入」「幹部候補」「年齢・学歴不問」など、条件や採用、応募資格に関するものです。求人広告だけではその風俗店の運営実態は分かりにくいものです。

これは実際に私が体験したことですが、失敗したからこそ学べたことでもあります。風俗店と言っても規模から経営方針もさまざまです。あなたが高収入を目指して将来的には独立など考えているなら、まず応募する企業について業務内容や待遇などもしっかりと調べることから始めましょう。

 

こんな失敗は絶対に避けよう!求人応募したデリヘルは入ってみたらグレーゾーンのお店だった

 

風俗業界に転職することを考えていた私も、その当時はあまり深く考えもせず新宿にあるデリヘルを選んで応募することにしました。実際に面接に行ってすぐに採用となったわけですが、初日から店選びに「失敗したかも」と思うような出来事の連続でした。

ホームページを見たお客さんからの問い合わせの電話がほとんど鳴りません。お客が来なければ風俗店の売上げはありませんので、

「給料はちゃんと支払われるの?」

そんなことも考えてしまいます。そして迎えた給料日…渡されたのは約束されていた金額の半分にも足りないものでした。さらに入店してからわかったことですが、どうやらこの店は風営法の届けも出していないレベルのグレーなお店だったようです。

もちろん、その場で退職を決めた私でした。

 

次に就職したデリヘルグループでは半年でエリアマネージャーに!福利厚生面で求人応募を決めた理由

 

さてさっそく次の求職活動が始まりました。二度と同じ失敗を繰り返したくないこともあり、社会保険などもしっかりと完備している企業を基準に応募してまみることに。風俗業界に転身を決めた時にはあまり考えもしていませんでしたが、結果としてこの選び方は間違っていませんでした。

男性はこれまでの学歴や年齢は関係なく、風俗業界ではそれなりの高収入を得ることが可能です。入社からわずか半年で6店舗ある地域でエリアマネージャーまで上り詰めた私でした。接客やサービスには向いていないのでは、と思ってましたが、管理する立場で行う仕事は一般企業と何ら変わりはありませんでした。

私がこの企業を選んだのは、前回の失敗から「福利厚生がしっかりしている」点を重視したからでした。家族もおりましたので、業種に関係なく安心して働ける環境はメリットこそあれマイナス面は一切ありません。

そもそも企業としてキチンと利益を上げているところでなければ、なかなか従業員の労働環境にまで手が届かないものです。社会保険の加入は会社側にとっても小さな負担ではありません。いくら義務だと言っても、風俗業界では未加入のお店も未だに多く存在します。

社会保険
▲社会保険への加入は義務です 出典 日本年金機構

風俗業で就職口を探すなら、社会保険加入が最低条件だと考えてもいいのではないでしょうか?

一般企業ですら、離職率が高い原因には社会保険未加入という理由が隠れている場合もあります。求人募集でまずチェックするべきポイントがこの社会保険や福利厚生関係だと言えます。

 

私自身風俗コラムニストとして、これまで数多くの風俗店オーナーにもお話しを伺ってきましたが、どの店でも男性社員の需要は常にあります。

残念ながら風俗業界では、一般的に男性スタッフの定着率は低くなってしまっているイメージが高いようです。これはどちらが悪いということはありませんが、下記のような理由も一部関係しているでしょう。

1.求人の応募条件と実際の労働環境が異なっていた
2.きちんとした雇用契約書が存在しなかった
3.男性社員の責任感の欠如による場合
4.その他女性関係のトラブルやルール違反など

特に「1と2」に関しては、企業として社員への利益の還元を考えているところであれば、キチンとしているべきものです。そして同時に福利厚生面も多く準備されてると考えていいでしょう。利益を上げている企業を見極め、選ぶことが将来の高収入や独立への道へとなります。

 

もしあなたが風俗業界への転身を考えているなら、求人面接の段階で自分に何が求められていて、具体的にどんな仕事をするのか、など最低限の知識は持っておくようにしましょう。

そしてその前に、私のような失敗をしないためにも、求人募集広告で面接を決める前に会社について調べることも大切です。特に福利厚生関係では社会保険は重要なポイントとなってきます。事前に求人広告に書いていても、社会保険に加入している事業主かどうかを確認することをお勧めします。

 

これはスマホからでも簡単に確認できますので、是非その手順を覚えておきましょう。

 

あなたが求人応募を考えている風俗店が実際に社会保険に加入しているか?法人番号を検索し1分で見分ける方法

 

求人募集広告でいくら「福利厚生完備」と書かれていても、まずは自分の目で確かめることが大切です。では誰でも調べられる方法について書きましょう。

マイナンバーというのは誰でもご存じだと思いますが、国税庁では平成25年以降特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法と呼ばれます)に基づいて、「法人番号」を公表しています。

以下が簡単調査手順になります

1.「社会保険完備」と求人している企業の法人番号を調べるには?

まずこちらのサイトにアクセスして、企業名や地域を入力すれば「法人番号」を調べることができます。それでもヒットしない場合は「会社名 法人番号」で検索すれば出てきます。

法人番号
▲国税庁法人番号公表サイト – 国税庁ホームページ

2.法人番号を入力して検索する
下記の厚生年金保険・健康保険 適用事業所検索システムに法人番号を入力するだけです。

こちらです

https://www.nenkin.go.jp/do/search_section/index1.html

保険加入企業
▲社会保険加入で健全に運営されている企業であればこのように表示されます

 

風俗求人で男性社員が求められる理由~会社を支えるのはあなた、だからこそ安定した企業を選ぼう

 

風俗業界では男性に対する求人の需要はとても高くなっています。そしてその報酬額も一般企業と比べるとかなり高めに設定されていますが、その理由は簡単です。

風俗業界にかかわりのない方からすれば、お店を支えているのは女子だと思われるかもしれませんが、その売り上げを作っているのは男性社員です。

利用客と直接接するのは男性社員の仕事です。かかってきた電話に対して、どれだけ成約させられるかで店の売り上げは大きく変わります。(店への評価、リピート率なども男子スタッフの対応で決まってしまいます)

また、お店で働いてる女子の面接や管理も店長クラスの社員の仕事になります。売り上げというお店にとって一番大切な部分の中心にいるのが「男性社員」だと言えます。そんな大切な人材を確保するのは、どの風俗店でも優先事項となっています。

年齢や過去の経験は問われない業種、さらにあなた次第では短い期間で高収入を望めるのが風俗業界です。もしそんな業界への転職を考えているのであれば、今回のコラムで書いたように自分の将来を託せるような会社を探すようにしましょう!

 

チリ文|風俗コラムニスト チリペッパー小田