風俗の男性用求人で求められている未経験者。業界初心者だからこその強みとは

雇用契約書と初心者マーク

風俗業界は人によって未知の領域。「何も知らない自分では……」と求人に応募する気が引けてしまっている方は少なくありません。

実は、業界のことを知らないまったくの未経験の方こそ、各会社が競って求めている人材です。

 

未経験者は大器晩成タイプ。じっくり学んで将来的に高収入を稼ぐ

 

風俗業界において経験者を雇うもっとも大きなリスクは、会社になじめない恐れがあること。

どのような企業にも「自分たちの考え方、やり方」があります。社員で価値観を共有し、足並みをそろえて結果を出すために必須のものですが、一方で厄介な側面も。

それが、転職者は以前勤めていた企業の考え方・やり方に固執しがちだということ。とくに、自分の力に自信を持ったベテランほど、それらが強く根付いて変えることが難しくなります。

「新しい会社に転職したは良いが、うまくなじめず、すぐに退職してしまった」

このような方は少なくありません。

 

一方で未経験者には、風俗業界やお仕事にたいする先入観がありません。

もちろん、最初は知識や技術を学ぶのにそれなりの時間がかかります。しかし、最終的には会社が求めるピッタリの人材に成長し、高収入を稼げるようになるでしょう。

 

無資格から始められる、内勤スタッフというキャリアステップ

 

「資格がなければ就職できない」

最近、このようなデタラメの都市伝説が広まっています。

男性用の風俗求人においては、とくに「自動車免許を持っていなければダメ」という誤った認識が多いようです。風俗嬢の送迎をするドライバーの求人が、とても多いことが原因でしょう。

しかし、風俗の男性用求人はそれだけではありません。たとえば、オフィスやお店に勤務する内勤スタッフ。

清掃や電話受付などの簡単な業務から始まり、売上やコンパニオンの管理、お店そのものの運営など。会社の売上に大きく関わる大切な役職です。

しかし、内勤スタッフはドライバーの影に埋もれて人手不足になりがちなことが実情です。そのため、スキルや資格をまったく持たない方でも歓迎されています。

 

初心者の強みを活かすために、キャリアステップが明確な風俗求人を

 

ステップアップ

 

 

初心者・未経験者とは、風俗求人への応募において大きな強み。多くの企業で歓迎されるでしょう。企業理念や業務方法を1つ1つていねいに学べば、着実に高収入への道を歩むことができます。

しかし、求人に応募する前に注意しなければならないことがあります。それが、その強みを活かすも殺すも企業次第だということ。

未経験者が風俗業界で出世するためには、実務をとおして効率的に学べる環境である必要があります。

・企業理念が社員に浸透していない
・1つ1つの作業のやり方が定まっていない

このように、社員1人1人が好き勝手働いているようなところでは、未経験者ならではのメリットを活かせないかもしれません。

 

そのため、求人に応募する時は会社の公式サイトをよく吟味しましょう。

とくに、未経験者から幹部へのキャリアステップが明確であれば、それまでの道のりをしっかりサポートしてくれることが期待できます。

風俗業界への最初の1歩だからこそ、後悔のない道を選びたいですね。

 

文|ウィニング編集部