ウィニンググループにはしっかりとした行動指針があります【其の2】

投稿日: カテゴリー スタッフブログタグ , , , , , , , コメントをどうぞ

 

ウィニンググループにはしっかりとした行動指針があります【其の2】

 

 

 

2:情熱にあふれた『強いチームワーク』をつくる

 

お互いを高め切磋琢磨できる仲間をつくり、どんな困難でも一緒に乗り越えることのできる強いチームワークを築きます。

 

 

10年前までの風俗業界の経験がある方が皆口にする事が、

 

「この業界実力主義だけど、どこまでいっても個の力がある者が勝つ」私もこの様に教わり、先輩達から色々とデリヘル業界に関して教えて頂いた事を覚えています。

 

でも時は流れ今の現状は個の力よりも「強いチームワーク」連携重視となってきています。それはコンパニオンも同じです。コンパニオンさんがいて、内勤オペレーターがいて、そして送迎で動けるドライバーさんがいてと、全てサークル状に連携プレイで成り立っているのです。

 

このサークル内の一つでも欠けてしまうと業務に支障が出てしまうわけです。

 

そして連携を取る中でも、互いに切磋琢磨し互いの長所・短所を時には補いつつ成長をし続けています。

 

新店の店長に任命され今まで熟していなかった新たな仕事に直面した際、当然迷走もすると思います。でも一人ではなく周りの皆が困難に直面した時には手を貸してくれます。

 

一緒に困難を打破する打開策を考えてくれます。

 

勿論それを自分自身で全て乗り越えてこその新境地に辿り着ける事は明白ではありますが、

 

ウィニンググループには情熱溢れた「強いチームワーク」があります。

 

 

時には情熱の熱量が多すぎて言い合いになる時もあります。感情論でぶつかる事もあります。

 

川の上流で大きな岩として出発し、下流に来た時には角の無い綺麗な小石に磨きあがるのと同じで、ぶつかってもいいんです!

 

同じ目標に向かっているのであれば、時が流れ結果が出た時に始めてぶつかりあった事も笑い話として話せる様になると私は思っています。

 

 

 

3:『向学心』『探究心』を持つ

 

向学心・探究心を持ち、知識や知恵の習得に誰にも負けない努力をします。

 

情報に敏感に、幅広くアンテナを張り、市場の動向や価値を見出します。

 

 

 

目先で言えば激安店の台頭等ほんの4,5年前から業界内でも動きがあり、

 

常にデリヘル市場の動向にはアンテナを広く張っている必要があります。

 

そして新しい変化に対して自分自身が対応すべく、向学心・探究心も常に持ち続けていく事が大事だと思います。

 

多種多様な情報サイトも増えており、お客様が実際にリアルタイムで今求めている物に対しても【情報】という面において敏感に反応し、

 

即行動を起こしていける必要があります。

 

それらの行動がスグ行えるか行えないかは、日頃からの知識の習得を誰にも負けない努力から生まれてくる物だと私は思っています。

 

日々勉強の毎日ですので、これでいいやはありません。

 

これでいいやと線引きした時点で人間の成長は止まるものだと私は考えます。

 

常に高見を目指し突き進み、目標地点に到達したとしても更なる高みを再設定し進んでいける様にすれば、自ずと探究心が産まれてくると思います。

 

 

ウィニンググループ 柴崎

覚悟が必要です!!デリヘル業や風俗業における偏見と肩身の狭さ

投稿日: カテゴリー 最新情報タグ , , , , , , , , , , , , , , コメントをどうぞ

 

 

 

覚悟が必要です!!デリヘル業や風俗業における偏見と肩身の狭さ

 

 

 

あなたに覚悟はありますか?

あなたが本気でデリヘル業や風俗業で働くことを決意しているなら、

絶対に覚悟しなければならないことがあります。

 

それは、親族や彼女、友人、知り合いまで、表向きに堂々と職業を言えないということです。

 

プライドを持ち、本気で仕事に打ち込んでいるのにも関わらず、

風俗業に従事している以上、表向きに堂々と仕事のことを話せない葛藤があります。

大抵、外部の人間にデリヘル業に従事していることを伝えれば、マイナスの印象からスタートします。

 

まずは、あなたの人柄すべてを【否定】されます。

業種を伝えただけで【反社会的勢力】【違法摘発】【脱税】【人身売買】等々が相手の頭に浮かび、

堅い職業や堅い人間からしたら、一気に【関わりを持ちたくない人】になります。

 

これは、他人からまったく評価されないということを意味します。

あなたが風俗業ですごい成果を出したとしても、世間ではまったく評価してくれません。

 

デリヘル業や風俗業に勤務するなら、【他人の評価】を貰えないことを覚悟する必要があります。

形式的なところでは、【不動産賃貸審査】【住宅ローン審査】あたりで、

デリヘル業であることの肩身の狭さを感じるところだと思います。

 

ではなぜ、そのような業種で我々は働いているのか? それは、

「経験や年齢を問わずに、最短で高収入を得ることが可能」だからです。

風俗業は、他人の評価を貰えないことの対価として【誰でも高収入が得ることが出来る】ということです。

 

逆にいえば、風俗業で働くなら絶対に高収入を得る必要があります。

風俗業では、成果が100%純粋にお金で返ってきます。

 

一部の風俗店では還元されない店舗もありますが、

弊社では、成果=給料です。

風俗業に勤務していて、月給20万円の安月給ではデリヘル業で働いている意味がありません。

デリヘルで働くなら死ぬ気で頑張り、最短半年、長くて三年で高収入を掴んで下さい。

 

余談ですが、

銀行で融資(住宅ローン)などは、住宅ローンの審査などで風俗でなくても三年の継続勤務が必須ですから、

それまでに年収1000万あれば豪邸が買えますね。

 

風俗業で働いている以上、信用はお金で買わなければならないことを忘れないでください。

 

 

 

デリヘルは縁の下の力持ち!?

 

 

 

先ほど、他人からまったく評価されないとお伝えしましたが、

経済的観点からみると私は評価に値するとお伝えさせて頂きたく思います。

 

当たり前の話しなので、流し読みして頂いて構いません。

しっかりと法人経営しているデリヘルでは、職種以外は一般の職業となんら変わりません。

 

当たり前ですが、税金も一般企業と同じように支払っています。(法人税・地方税・消費税・所得税 等々)

利益を出し、従業員の給与も高額なデリヘル企業では、もちろん納税額も多いです。

 

デリヘル送迎時に使用している道路や、手続きに必要な公共機関、さらに言えば内閣総理大臣のお給料まで、

一部ではありますが、それらに使われているのはデリヘルで上げた利益です。

 

弊社では、社会保障・厚生年金も加入しておりますので、高齢者の支給している年金の一部もデリヘルで上げた利益と

いうことになりますね。

 

地域経済の観点でみると、デリヘルはキャスト・スタッフを含め50人以上が勤務し、月間来客数は数千人に上ります。

一市町村で従業員数50名以上の規模で活動している来客数月間数千人の事業体は多くはないと思います。

人が集まることによる消費で周辺事業の売上にも少なからず影響はあるでしょう。

人口縮小などしている市町村では、地域経済の活性化は非常に大事なことだとも思います。

 

表向きに人に言うことが出来ないデリヘルですが、

企業として、仕事として、恥じる必要はありません。

なにしろ国にとっては、利益の出せない企業ほど価値がないものはありませんからね。

 

 

 

■■まとめ■■

 

 

 

今回は、少し業界の本質的な部分、

デリヘルで働くにあたって、もしくは働いてから、感じる肩身の狭さや偏見についてお伝えさせて頂きました。

 

①風俗業に勤務したら【他人の評価】が貰えないこと

②デリヘルで働くなら死ぬ気で頑張り、最短半年、長くて三年で高収入を掴むこと

③プライドを持てる仕事だということ

 

ただなんとなくデリヘル店や風俗店に勤めるのではなく、

【本気で稼ぐこと】【他人からの評価を捨てること】を覚悟してからデリヘルを始めることをお勧めします。

 

ちなみに、ウィニンググループでは2016年2月現在、二店舗の出店を予定しております。

高収入のポストが二枠空いておりますので、覚悟を決めた方からのご応募をお待ちしております。

 

 

ウィニンググループ 代表取締役

ナメられたら終わり!?風俗嬢とデリヘル内勤スタッフとの恋愛と風紀

投稿日: カテゴリー 最新情報タグ , , , , , , , , , , , , , , , , コメントをどうぞ

 

 

ナメられたら終わり!?風俗嬢とデリヘル内勤スタッフとの恋愛と風紀

 

 

 

デリヘル嬢と風俗内勤スタッフとの恋愛についてご説明します。

 

風俗では、内勤者と女性キャストが恋愛関係になる事を【風紀】といいます。

昼の業界で男女の関係になること、恋愛をすることは何一つ悪いことではありません。

恋をすることは、むしろ人間らしく素晴らしいことだと思います。

 

しかし、風俗業界については全く異なります。

どこの風俗店でも風紀は絶対に禁止されています。

 

ここをご覧の男性は、あわよくば貢いでくれる彼女が欲しいと8、9割思った事があるはずです。

年間1000万円貢いでくれる彼女がいたら貴方は働かなくてもよいのですから、、、

 

しかし、1000万円貢いでくれる彼女は、彼女ではなく

貴方にとって、彼女と会ったり、話したり、セックスすることは100%仕事化していきます。

それは、あなたは貢ぐ彼女を作る&キープする仕事をしています。

1000万円貢ぐ彼女を作り、キープすることが目的なら、ホストをやりましょう。

ホストクラブでは貢ぐ彼女を複数作り、維持するノウハウを教えてくれます。

24時間自分を売る営業をしながら、彼女や家族といった安定を捨てる覚悟があるなら大成出来ると思います。

そこまで思っていない方は、単に彼女が欲しいと考えているだけなのかもしれません。

 

しかし、デリヘル業界の規則は、デリヘルの内勤として働くなら必ず守る必要があります。

規則は理由があるから存在します。

風俗業界の規則が守れないなら、貴方は風俗業界にいることは出来なくなるでしょう。

 

それはなぜなのか?

説明します。

 

 

 

風俗店員が風俗嬢と風紀や恋愛をしてはいけない理由

 

 

 

・周りの内勤者、コンパニオンからの信用を失う
規則で禁止されていることを守っていないので不信感となります。

 

・コンパニオン一人一人を平等に評価出来なくなる
恋愛をしているコンパニオンを特別に扱うようになります。

 

・風紀対象コンパニオンの退店時期が早まる
恋愛をしていれば距離が近い分、言い合いやケンカが起こりトラブルが多くなる。

 

・風紀対象コンパニオンが悩みを抱え、他のコンパニオンに相談してしまう。
在籍しているコンパニオンさんへあなたの悪い印象が吹き込まれます。

 

・コンパニオンから鼻で笑われる、コンパニオンから気持ち悪く思われる
在籍しているコンパニオン同士で、あなたの性事情や性癖など具体的な話しになります。

 

・風紀対象コンパニオンが言うことを聞かなくなる。
あなたの彼女になった女性は特別だと勘違いしてわがままになります。

 

・風紀対象コンパニオンに弱みを握られる
これは脅迫ですね、まともに仕事なんてしてられません。最悪コンパニオンに金銭を要求されたります。

 

・風紀を知った全員からナメられる。
誰も規則を守れない人のいうことは聞きません。

 

上記のような状況が起こります。

 

前回、ウィニンググループで風紀が発生したときにスタッフの身に起こったことが下記のようなことになります。

 

①店の信用が無くなくなった。
②信用が無くなり何を言っても信憑性がなくなった。
③信頼されていたモノを全て失った。
④地位を失い、給与が下がった。
⑤内勤者もしくはコンパニオンに退店者が出た。
⑥会社が潰れるまで引き継がれている。
⑦当事者のコンパニオンが他のコンパニオンに謝罪をしてしまい、火に油を注ぐ形で過去のことではなく再燃している。

 

このようなことが起これば、デリヘルで内勤スタッフをしていく上で致命的となってしまいます。

なにしろ、コンパニオンをマネジメントすることが仕事の風俗スタッフが、

コンパニオンを管理することが一切できない状況になるのですから、

昇格や昇給は望めないどころか減給は免れません。

 

これは、高収入への道が閉ざされたと思って頂いて間違いありません。

デリヘル業で勤務し始めてデリヘル嬢を口説くふとどき者は初めから出世など望めず、

雑用のみの仕事と減給により早々に自主退社となるでしょう。

 

しかし、半年から一年の経験を積み、ある程度の役職を得たあとに風紀をしてしまう場合があります。

女性をマネジメントしている最中にそれは訪れます。

 

この時点の風紀は、デリヘル内勤者の気の緩みや、仕事意識の低下が影響します。

 

その背景は、

 

①出勤日数や在籍人数を増やそうと距離感を近づけるために身体の関係(※色恋管理)を結んでしまう場合

②男子スタッフにも日によってモチベーションの浮き沈みがあり、
弱っているところに女性からに優しい言葉を掛けられ感情が入ってしまい女性と身体の関係を結んでしまう場合

③女性からの一方的なアプローチに断り切れず、恋愛関係もしくは体の関係を結んでしまう場合

 

上記のような場合が実際にあります。

ここで大事なことは、

目の前の欲に負けて、目の前にある高収入を手放すか、そこで考えることです。

 

自分はなぜデリヘルの仕事をしているのか?

 

と常に問いかけることです。

偏見のある業界で、あなたの貴重な時間を惜しまず投資して頑張っている意味。

それは、【高収入を掴むため】ではないでしょうか。

これを意識に叩き込む必要があります。

デリヘル業で働くなら

女性の誘惑に負けない精神力と理性を保ち続けて最短で高収入を掴んで下さい。

 

 

 

■まとめ

 

 

 

 

デリヘル男子従業員はコンパニオンから好意を抱かれるように努力をすべきですし、好意を抱かれるべきです。

しかし、なにがあっても一線を越えて『身体の関係』になってはいけません。

そう周りに思われる行為(体に触れること)も謹まなくてなりません。

一瞬の欲や感情が、貴方を一気に奈落の底へ突き落とします。

【デリヘルで働いている意味を常に心に置いておくこと】

これを徹底する必要があります。

 

どれくらい徹底するのか?

 

スタイルやルックスが良く、お金まで持っている超いい女に言い寄られても交際を断れるくらいです。

デリヘルで高収入を得るためには、日々精神鍛錬です。

デリヘル業を始めるなら、絶対に高収入を掴むという信念を持ってご応募下さい。

 

 

 

ウィニンググループ 代表取締役

採用確率アップ!?風俗店に採用されるための心構え!!

投稿日: カテゴリー 最新情報タグ , , , , , , , , , , , , コメントをどうぞ

 

 

採用確率アップ!?風俗店に採用されるための心構え!!

 

 

 

ウィニンググループでなくても風俗業に応募するなら、ぜひ知っておいて頂きたいことがあります。

 

風俗店(デリヘル店)で採用されるためには、

 

 

①時間を守る

風俗は時間商売です。

60分18000円なら10分遅刻すれば3000円の損害です。

時間ルーズならまず採用されません。

 


②清潔感と身だしなみ

風俗は女性を扱う商売です。

身だしなみが悪く、清潔感がない男性が女性から嫌われるということはご理解いただけるでしょう。

女性から嫌われるということは、風俗業では生きていけません。

 


③しっかりとした受け答えをすること

しっかりとしたと言いますか、一般的な受け答えが出来れば良いレベルです。

真面目さや素直さ、一般常識があれば問題はありません。

世間で言われる【普通の人】であればあるほど適正があります。

 


上記三つの点だけ意識すれば、大抵の風俗店やデリヘルで不採用になることはありません。

 

ただ、この基準をクリアしていても不採用となってしまうNGなことがあります。

不採用とならずとも、採用になった際に昇進や昇格が遠のく回答です。


それは私が面接するときに必ず応募者にする質問ですが、

 

 

【以前の会社の退社理由】と【どうして当店なのか?】というものです。

 


以前の会社の退社理由は、そのままそっくりうちで退社していく理由になりえますし、

余計なトラブルを極力避けるために事前に不採用する必要がありますよね。


例えば、


■人間関係(上司・同僚)の反りが合わなかったから


これは、どの会社やデリヘル店でも例外なくありますので、
当店で人間関係がすべてうまくいく可能性は極めて低いと考えられるでしょう。

 

 

■給料が低かったから


会社の給料システムが昇給しないものなら特に気になりませんが、
成果を出さなかった&何か業務に問題があったから給料が上がらなかった可能性があると考えられるでしょう。

 

 

■イメージや求めていたものと違ったから


個人の能力が、適している仕事内容になることはどの会社でもあります。
イメージや求めていたものと会社が違うとなれば退社を考えるでしょう。
会社の重要なポストは任せられませんよね。

 

 

■労働時間が長かったから

 

家庭や子供がいる場合は別です。
家族のためにもっと時間を作りたいから以前の会社を退社したともなれば、
人情味のある面接官なら協力したいと思うでしょう。

しかし、独身の方であれば風俗業では門前払いの内容になると思います。
風俗店の多くは12時間労働ですので、違う業種がお勧め出来ます。
デリヘルの時給ドライバーなら問題ありませんが、、、

 


上記のような回答をする場合、
前の会社がよっぽどひどかったということを説明しておく必要があります。


何も考えず答えるようでは、絶対に高収入は掴めません。

そして最後に、風俗店から超重宝される要素【素直で真面目な人】になることです。


生まれてから今までは、素直でなくても、不真面目でもいいのです。


本気で風俗業で働くと考えるなら、


これから【素直で真面目な人】になる必要があります。


【素直】【真面目】を辞典で調べてみましょう。


素直とは、性質・態度などが、穏やかでひねくれていないさま、従順であること。


真面目とは、嘘やいい加減なところがなく、真剣であり、本気であること。真心があること。誠実であること。


と書いてあります。


私自身、素直で真面目な人ではなかったと思います。


ですが、限りなく【素直で真面目なひと】になれるように常に努力しています。


高収入を掴むためには、自分を変える必要があります。


いま、風俗店に応募を検討しているなら、


あなたがこの意識を変えるだけで必ず最短で高収入を掴めます。


収入を得るのに誰かを騙したり、蹴落としていく必要はありません。


自分が変わるだけです。


せっかく風俗業に従事するなら高収入を目標としましょう。


ウィニンググループではそんな舞台を用意してお待ちしております。


 

 

 

ウィニンググループ代表取締役

ギャップを埋める!?デリヘル業や風俗店の一般的な印象

投稿日: カテゴリー 最新情報タグ , , , , , , , , , , , コメントをどうぞ

 

 

ギャップを埋める!?デリヘル業や風俗店の一般的な印象

 

 

 

デリヘルで応募を考える場合、まずは高収入 男性 などで検索したあとに、必ず多く目にするのがデリヘル業や風俗業です。

表の職業では、長期的なキャリアや数年勉強しなければならない難関資格が要求されますし、

(そもそもこのようなキャリアや資格があれば転職活動していません。)

 

そしてアンダーな職業では法律に違反しているものが多数です。

したがって、その中でも合法であるデリヘル業や風俗業で多数の方は絞り込んでいくかと思います。

風俗業を始める前に各店舗を探す前に必ずチェックして頂きたいのが、

 

それぞれどんな仕事内容なのか?ということです。

 

男性が働ける風俗業は、デリヘル・ソープ・キャバクラ・ピンサロ・ホストになります。

それぞれの業種のメリット・デメリットはまた別の機会に記事にさせて頂きますが、

ここでは、デリヘル業においてどんなお仕事の内容なのか説明します。

 

 

まったくデリヘルのことについて知らない方が想像していることそれは、

 

①女性が回りにたくさんいて楽しそう。

②どうせ風俗業だから適当に仕事してても問題なさそう。

 

楽観主義的な考えをお持ちの方はこんな具合で、

反対にネガティブな考えをお持ちの方は、

 

③ヤクザや裏社会と繋がっていて危険そう

④強制労働やイジメが普通の仕事より多そう

 

上記のように考える方が多い印象があります。

 

 

①の女性が周りにたくさんいて楽しそうと思う方は、

 

初めは、本当に回りにたくさん女性がいるので、むしろ女性しかいませんので楽しいかもしれません。

しかし、デリヘルでの業務を覚えれば覚えるほど、

風俗業では女性の本質に深く関わることになりますので、

入社して半年もすれば、入社当初の楽しいという感覚とは程遠いものになるでしょう。

 

 

これは、女性がたくさんいる環境になれてしまうこととは全く別物です。

風俗業では、普通に人生を生きてたら体験することは無いかもしれないことが起こります。

女性の良い部分と悪い部分をものすごいスピードで体感するので【そういうものだ】と割り切ってしまうような感覚でしょうか。

私は、この女性の本質に耐えられず風俗業から姿を消す方が8割以上だと思います。

文章で説明してもわかりにくいかと思いますが、体験してしまうのが一番かもしれません。

 

 

②のどうせ風俗だから適当でも大丈夫でしょ。と思う方は、

 

風俗だから適当にはしていけないんです。と私は強くお伝えしたく思います。

風俗だから適当とは、一般の方が多く思うことで、事実そうであるとも思います。

しかし、この風俗業は適当であることが普通、という考えの見方を変えてみてください。

たとえば、

一般の業種が【まとも】が普通であるならば、そこで一流になるには【超まとも】でなくてはなりません。

風俗業において、適当が普通であるならば、【まとも】であるだけで一流であり【超まとも】であれば超一流です。

一流とは、全体の10分の1を差します。

超一流とは、全体の1000分の3を差します。

これから風俗業で勝ち残っていく(風俗業で高収入を掴む)には、一流以上である必要があるでしょう。

どうせ風俗だから適当でも大丈夫と考える方は、自然淘汰される二流以下の9割に属します。

風俗業で高収入を掴みたいなら、【まとも】であることが条件になるでしょう。

 

 

③のヤクザや裏社会と繋がっていて危険そうと思う方について

 

たしかに実際、一部の店舗では裏社会とのつながりを持っている店舗もあると思います。

しかし、法的に合法であるデリヘルにおいて裏社会の繋がりは必要ありません。

なぜなら現在の暴対法では、暴力団と繋がっていると公言しただけで捕まりますし、

トラブルが起きたときに、怖いお兄さんを連れていくより警察官を連れいった方がよっぽど怖くないですか?笑

なので、風俗店に裏社会と繋がっているメリットは何もないと思って頂いて結構です。

少なくてもウィニンググループでは、裏社会への繋がりは一切ありませんので安心してご応募下さい。

 

 

④強制労働やイジメが普通の仕事より多そうについて

 

この辺は、普通の業種とまったく変わりません。

風俗だから、強制労働やイジメがあるわけではなく、どの業種でも一部の企業で一定の割合で存在しますね。

長期で続けていれば、労働問題に発展しますのでそのうちそういった企業はなくなっていくと思います。

もちろんウィニンググループでは、強制労働なんてものはありませんし、イジメや暴力がない環境づくりを徹底しています。

 

 

【まとめ】

 

 

いかがでしたでしょうか?

風俗業やデリヘルについてのあなたの印象は変わりましたか?

同じ仕事の方がご覧の場合、当たり前だろうとお思いの方もいるかと思います。

これから働こうをお考えの方にデリヘル業・風俗業についての印象や知識がお伝えできて、

働いたあとの印象のギャップを少しでも埋められれば幸いです。

 

 

ウィニンググループ 代表取締役

【必見!!】風俗店で働く場合の会社の選び方!

投稿日: カテゴリー 最新情報タグ , , , , , , , , , コメントをどうぞ

そもそも風俗業はなぜ高収入なのでしょうか?
この理由は何点かあると思っています。

①販売単価が高いこと
販売単価が高いということは売上が立ちやすく、売上が立ちやすいので給料で還元することが可能です。
②生産効率がよいこと
スタッフ一人が月間100万円を売り上げるコンパニオン5人をマネジメントすると5×500000=500万円の利益になりますね。これは非常に生産効率が高いと言えると思います。
たとえば、ラーメンで比較すると
一杯が500円のラーメンなら、5000000÷500月10000杯です。
たった一人で一日に333杯を売れるでしょうか?
これは現実的ではありませんね。

一方デリヘルでは、月100万円プレーヤーを5人マネジメントすることは可能です。

③偏見があること
偏見というのは、
デリヘルに限らず風俗では、堂々と職業を言えないというしがらみがあります。
ご家庭をお持ちの男性は必ず奥さんに反対されます。独身でも両親に反対されることでしょう。
弊社に面接応募に来た方で、家族に反対され断念した方もいらっしゃいます。

このような点から風俗業の店員という職業を選ばない。もしくは避けるので、雇用の面で常に枯渇状態になっています。
上記①~③の【販売単価】【生産効率】【雇用情勢】が、風俗業ならびにデリヘルが高収入である理由だと思います。

ここでタイトルに戻ります。
風俗店で働く場合の会社の選び方なのですが、偏見があるこの風俗業界で働くメリットが高収入なのであれば、言い方を変えると【本当に風俗で高収入を掴むための会社選び】となりますよね。

本当に風俗で高収入を掴むなら

  • ①資格必要なし
  • ②学歴不問
  • ③夢や目標が実現できる
  • ④スピード昇進・昇格
  • ⑤高収入を短期間で実現できる
  • ⑥法令順守
  • ⑦法人経営

上記が本当であることが絶対に必要な条件です。

正直、私が高収入男性求人情報サイトを見てもどの店舗が良いのかなどわかりません。
では、具体的にどのように優良な店舗や会社を探すのか?

それは、【売上を上げているかどうか】です。

給料の源泉になるのは店舗の売上です。

月給はもちろん、ボーナスや待遇、社宅や社用車、すべてにおいて売上がなければ用意できるはずがなく、
売上がなさそうなのに高収入はありえません。

店舗展開していなければスピード昇進・昇格は不可能でしょう。
売上がしっかりあって、継続的に成長する会社を選ばなくてはなりません。株式投資と同じ考え方だと思います。
投資家はお金を投資しますが、ここをご覧のあなたは時間を投資することでしょう。
将来、大きなリターンを望むのであればしっかりと調査して投資しなければなりません。
その調査項目が、【利益】と【成長性】です。
どうやって利益と成長性を調査するかといえば、オフィシャルサイトや各風俗ポータルサイトを見ることが重要になります。

これから風俗店に応募しようとしている方は、絶対に営業サイトを見て吟味してみてくださいね。

まとめ

なかなか優良な風俗店を探すのは大変なことかもしれませんが、上記で説明した内容は高収入を得るために絶対に必要な条件です。
せっかく高収入を目標にしてデリヘルで働くのであれば、求人情報をだけをみて応募するようなことはしないことが高収入への近道ですので妥協しないでお選びくださいね。
ちなみに、ウィニンググループでは上記条件のすべてを満たしておりますので安心してご応募下さい。

皆様からのご応募を心待ちにしております。

ウィニンググループ 代表取締役