コミュニケーション力はデリヘルで人を動かす原動力になります

会話

「コミュニケーションの成立」には言葉(づかい)が重要です

 

「コミュニケーション」を辞典類で調べてみますと、「社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達」といった簡潔な定義文で説明されています。

しかし実際に私たちの社会生活を考えてみると、辞典の定義分みたいな一方的な伝達だけでは十分な「コミュニケーション」とは言い難いように思います。

片方からの一方的な情報伝達ではなく、情報を受け取った相手側からも何らかの反応を得てから、はじめて「コミュニケーションは成立する」ものだといえます。

 

「コミュニケーション」によって、伝達される情報の種類には、感情、意思、思考、知識、指示・命令など多種多様です。

伝達するための方法としては、言葉、表情、動作(ジェスチャー)、叫び声、鳴き声、など様々ですが、何よりも重要なのは言葉です。

その言葉を伝達するための媒体(コミュニケーションツール)は、直接会話、電話、手紙や文書、メモ、メールやブログなど現代社会ではますます多様化が進んでいます。

どの媒体を使う場合でも、相互が共感するには言葉づかいが重要です。

 

コミュニケーションの手段である「言葉」が人間の相互信頼関係を創る

 

イヌやネコの動物も、動物なりのコミュニケーションをしていますが、人間のような、きめ細かな相互信頼関係をつくることはできません。 この世の生物の中で唯一人間しか「言葉」を使えないからです。

人間は、小説や映画や音楽の中でさえ、登場人物や歌手に自分自身を置き換えて、喜怒哀楽を「共有」できます。

人間は「相手の立場になれる能力」と「共感を得る能力」を持っているからです。「共感」が積み重なれば、人間関係は深くなり、お互いが相互に信頼できる関係が出来上がります。

 

人間社会における「コミュニケーション」とは、人と人との間で、心や気持ちの通い合い、つまり意志の疎通が行われることにより、互いに理解し合う状態が起きた時に、初めてコミュニケーションが成立したと言えるのではないでしょうか。

つまり「双方向コミュニケーション」が社会生活にとって重要だということになります

 

デリヘル現場での良いコミュニケーションづくりは仕事上の重要な職務です。

 

とくにデリヘル店では、このコミュニケーションを「仕事上の職務」として実行しなければなりません。職場での業務のすべては、そこで働く従業員同士の「言葉の交換というコミュニケーション」を通じて成り立っています。

その伝達手段が直接の会話であろうと、電話であろうと、文書やメールであろうと同じです。言葉を「丁寧に」、「誠実に」、「正確に」伝えないと、相手から「共感」を得ることが出来ずに、業務は円滑に遂行することが出来なくなります。

 

特に、デリヘル業では同じ職場の中(店舗や事務所)で、お客様も含めて一緒に仕事をすることはありません。

お互いが離れた場所で、報告・連絡・相談・確認というコミュニケーションを電話というツールを使って言葉の伝達により業務を遂行しています。

 

相手が目の前にいるフェイス・トゥ・フェイスでの会話ではなく、距離の離れた相手に納得・理解していただくには、なおさら、丁寧な言葉づかいは重要です。

丁寧な言葉づかいは相手の共感と信頼を得て、人間関係もチームワークも良くなり、業務も円滑に遂行することができます。


経験者限定の店長チャレンジ