デリヘル・内勤スタッフに重要な、コミュニケーション能力とは

会話

風俗店を運営する上で一番気をつけなければならないのは、デリヘル嬢たちです。

もちろん顧客も大切ですが、常連そのお店についているのではなく、デリヘル嬢ひとりひとりに常連客としてついています。

従って彼女たちにトラブルが起きないように、日々コミュニケーションを図り、コンパニオンの状態を把握しておくことが非常に重要です。

 

デリヘル嬢のお客様とのトラブルや当日欠勤や他店への流出などはお店に多大な損害を与えることに繋がります。

特に感情的なデリヘル嬢には特に要注意でしょう。感情が抑えきれないと顧客やデリヘル嬢同士でも問題を起こしやすいためです。

不満を聞いてあげるだけで7割は収まります。

コンパニオンが日頃抱えている不満や悩みや要求を、まずは聞いてあげるという姿勢が重要です。

特に感情で動く子や元気のない子、出勤状態の悪い子などには、よく注意してこちらから話しかける姿勢が必要です。

 

スタッフには、個性豊かなデリヘル嬢に合わせたマネジメントが必要です

 

風俗業で働く女の子は、どちらかといえば常識やルールや時間などに拘束されずに自由にやりたいという考えの方が多い傾向です。

しかも性格や考え方もさまざまで、個性豊かな方が多いのも風俗業界の特徴でしょう。

そのような自由奔放で個性豊かなデリヘル嬢たちを、一定のルールやマニュアルに従わせるとともに、スケジュール管理や時間管理によってマネジメントしなければなりません。

このマネジメントを一方的な押し付けてしまうと、もともと自由奔放で個性豊かな女の子たちには通用はしません。

 

重要なのは、双方向を意識したコミュニケーション

 

個性豊かなデリヘル嬢たちをまとめるには、相手の事情や考えや気持ちなども聞いてあげた上で、指示を出すマネジメントが大切です。

つまり、とにかく聞いてあげる、聞く耳を持つということ。

コミュニケーションは、仲が良いほど良好に進みます。しかし、風俗業界において男と女の親密な関係は厳禁であり、特定の子とのなれ合いの関係も、全体の秩序を保つ上では好ましくありません。

女の子の誘惑に乗らないように、適当な距離を保ちながら仲良くするという強い心構えが大切です。

マネジメントとは、コンパニオンたちを公平に囲い込むことといった方が分かりやすいかもしれません。

 

コンパニオンの質(価値)を向上させる能力

 

風俗店での売上を大きく左右するのは、デリヘル嬢ひとりひとりの質と、全体の顔揃えでの質のの両方です。

上手なコミュニケーション力とマネジメント力をで、コンパニオンの質高めることが、男性スタッフの使命なのです。

そのためには、コンパニオンひとりひとりと適度な距離を保ちながら、良好な信頼関係を作るすることが重要です。