ビジネスマンの必須スキル、報連相を風俗の求人応募前に予習しよう

報連相

報連相とは、社会人の常識として広まっている言葉です。

風俗の男性求人に応募する前に、その内容を復習してみましょう。

 

風俗業界でも基本となるビジネススキル、報連相とは

 

新入社員の教育などで、ビジネスマナーやコミュニケーションなどとの3本柱として行われる報連相。以下の3つで成り立っています。

 

◆報=報告

進捗やトラブルを報告することです。

円滑に報告するためには、先に結論から述べて、その後に経過や状況、原因などを説明します。事実のみを伝え、個人的な意見や感想は聞かれたら答えましょう。

 

◆連=連絡

上記以外の情報を連絡することです。

情報を共有することで、認識のズレを防ぎ、チームワークを上げる意味があります。

適切なタイミングで、事実だけを伝える点は報告と同じく大切なことです。

 

◆相=相談

上司や先輩、同僚に相談することです。

自己判断で行動すると、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。それを避けるために、より権限や知識を持った方に意見や指示などを求めます。

 

風俗店で報連相ができなかったら、お店の売上は下がるばかり!

 

なぜ、報連相が重要なのでしょうか? それは、ビジネスが複数の人間で成り立っているためです。

その規模は会社なのか、チームなのかなどさまざまですが、1人きりで仕事をすることは基本的にあり得ません。複数の人間がそれぞれの役割を持って働くことが普通です。

 

もし報連相が守れていないと、風俗店では次のような事態に陥ってしまいます。

 

スタッフやキャストが、それぞれ好き勝手仕事してしまう

仕事の効率が悪くなり、ミスやトラブルが多発

売上が悪化、社員の給与も下がるまま

 

風俗店の仕事で高収入を稼ぐためにも、報連相はかならず押さえたいですね。

 

孤立して仕事している送迎ドライバーにとって、報連相はさらに重要に

 

報連相は、内勤スタッフはもちろん、送迎ドライバーにとっても重要です。

ドライバーはオフィスから離れた場所で仕事しています。また、時間どおりにキャストを送り届けなければならない、時間的にタイトな業務です。

送迎の遅れによっては、配車の手配、コンパニオンの割り当てなどに影響を与えることもあります。

内勤スタッフとしては、確実に状況を把握しておきたいところ。それなのにドライバーから一切の連絡がなかったら、不安で仕方がないですね。

 

  • 業務の流れを効率的に円滑に
  • 個々人およびチーム全体の業務遂行能力を向上
  • 個々人の士気の高揚を促し、チームワーク力を向上

 

このように、さまざま意味がある報連相。

風俗業界でも、当たり前のように必要とされる能力です。求人に応募する前に、ぜひとも予習しておきましょう。