過去に失敗したことがある方も、デリヘルの男性求人で大成功を!

矢印

「過去」は犯した過ちを反省するもの。取り戻すことは出来ない

 

「光陰矢の如し」という諺があります。「月日や時間の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではない」という戒めの言葉です。

どこか心の隅では分かっているつもりでも、なかなか教訓として活かせないのが普通の人でしょうか?

過去が自分にとって誇らしく、素晴らしいものであっても、その過去の生い立ちや経歴や功績に満足していては、それ以上の成長は期待できません。

過去とは反省すべき失敗の見本が蓄積された博物館なのです。過去は未来に向かって、二度と失敗を繰り返さないように、そして新しい価値を創造できるように、存在するだけのものです。

 

「現在」という時間は無いに等しい。ただ過ぎ去るもの

 

時間的には、「現在」は刻々と「過去のもの」となっていきます。私達凡人は「現在」を長く感じていますが、現実的には、「現在という時間」は無いに等しいのです。「現在」は「過去」から「未来」への線上の「一点」にすぎないのです。

その移動している一点に乗ったまままで、現在を長く感じて錯覚している自分を戒めなければなりません。

「現在」は、「過去の過ちや失敗を教訓」にして、「新しい未来を創造するためにある時間」です。人には人生の中で必ず転機という機会が訪れます。転機は必ずしも好機とは限りませんし、好機であっても行動して掴まえなければ幸運は逃げていきます。

人生で数回は好機なるもが訪れるかもしれませんが、その好機を上手く活用できる人は数少ないと偉大な先人たちは言っています。

 

「未来」は自分で創り出さなければ、「現在の延長線」でしかない

 

「未来」には必ずどこかで終着駅があります。

先にも進めなく、後へも戻れない人生の終着駅です。私たち凡人は自分の持っている未来の時間が長ければ、「現在という貴重な時間」を「過去のもの」へと追いやり、「未来の時間」をすり減らしています。

そして持っている未来時間が少なくなった老齢時には、もう仕事という生きがいは与えられなくなります。確実に言えることは、現在の仕事や生活に満足していない状態では、現状を変えない限り、延々と不満足な状態が続くということです。

自分の手で未来を創り出さない限り、未来になっても何も今現在と変わらないということは確実です。そして若ければ若いほど、未来を創り出す時間は長く、機会を好機(チャンス)に変えられる回数も多く持っていることは確実です。それを幸運に変えられるか否かはアナタの決断と志の高さしだいです。

デリヘルの男性求人は、そんな未来を作るために絶好のチャンスだと言えるでしょう。

高収入を得て大成功を収めたい。そのように考えている方は、ぜひともご応募ください。


経験者限定の店長チャレンジ