求人応募前は以外と知らない、送迎ドライバーの重要な役割とやりがい

253VIEWS
2018/01/10 風俗求人の仕事内容
自動車

風俗の送迎ドライバーのことを、「ただ運転するだけのつまらない仕事」と思っていませんか?

実は、それよりもずっとハイレベルな役割を担う、とてもやりがいがある仕事です。

 

ただ運転すれば良いだけではない、送迎ドライバーの果たすべき重要な役割とは

 

送迎ドライバーのお仕事とは、コンパニオンをお客様の元へ送迎することです。しかし、それは表面的なことに過ぎません。

実は、送迎ドライバーにはもっと本質的に重要な仕事が3つあります。

 

デリヘル嬢をお客様の元へ「適確」に送り届ける

 

顧客はデリヘル嬢と会うのを楽しみにしています。そのお客様の期待に大きく反しないように、時間をしっかり守って送り届けなければなりません。

万が一、事故や渋滞などで遅れるようなときは、すぐに連絡するなど対処しなければなりません。

 

デリヘル嬢の価値を向上させる

 

ドライバーの仕事には、彼女たちをベストなパフォーマンスに保つことも含まれます。

キャストの女性は、ただ顧客のところに行けば良いわけではありません。無愛想な態度でいたら、顧客は満足してくれないでしょう。

彼女たちが笑顔で元気にサービスを提供できるかは、ドライバーの腕の見せどころです。

そのためにも、コンパニオンが悩み事で落ち込んでいた時、何か不満がありやる気を無くしていた時などに、相談相手となり心の精神的支えになってあげるということが大切です。

これは、ドライバーの仕事の中でもかなり重要なウエイトを占める要素です。

 

現場とオフィスとのパイプラインになる

 

お店にとって、デリヘル嬢が時間どおりに派遣されているか把握できることはとても重要です。

オフィスの電話担当がお客様の問い合わせに適確に返答できるように、またスタッフが配車手配やコンパニオンのお客様への割り当てなどの時間管理が円滑にできるように、進行状況を的確に報告しなければなりません。

  • 予定どおり進行しています
  • 渋滞で到着が5分程度おくれます
  • 3分でホテルに到着します
  • 只今ホテルに到着しました

 

このような適切な報告は、風俗店の運営そのものをスムーズにする効果があります。

 

送迎ドライバーしか持てないやりがいとは

 

デリヘルの送迎ドライバーに要求されることは、意外とハイレベルです。

問題を抱えた、やる気がないデリヘル嬢などがいると、店長自らが送迎することもあるぐらい。彼女たちにとって、車内は人目を気にすることなく本音を話せる絶好のスペースなのです。

デリヘル嬢の悩みや不安、不満などを聞き出し、やる気や自信を与えてあげられる仕事です。

若くて可愛い彼女たちの相談役になれるわけですから、男性にとってはまさに「やりがいのある仕事」と言えるでしょう。

 

求人に応募するからには、やりがいのある仕事をしたい!」

このように考えている方でも、充実したワークライフを過ごせること間違いありません。


経験者限定の店長チャレンジ