一生の労働期間は約40年。デリヘル男性求人なら短い期間で思いっきり稼げます!

164VIEWS
2018/01/10 風俗業界の基礎知識
社員と時計

働ける40年で給料をアップできるチャンスは少ない

 

日本人男性の平均寿命は、約80歳です。

人それぞれですが、大学まで進学すると少なくとも22歳までは親のスネをかじることになるでしょう。

23歳から働いても、雇用者である限りは最高65歳までです。65歳以降は年金生活というパターンです。

自営業者や経営者は少し違いますが、大半の雇用者である以上、大差はありません。たった40年前後だけが稼働できて、自立生活をしている人生なのです。

 

現在の大卒者の初任給の平均は、約21万円で、高卒者平均では約16.5万円です。

一昔のバブル期とは違い、よほどの会社業績が向上しない限り、基本給のベースアップは望めません。

収入を上げるには、昇格・昇進しかありませんが、まだまだ年功序列志向が根強く残っています。

大きい会社ほど、従業員も多く、それだけ競争率も高くなります。従がって、実績を上げたり、功績を作ったり、ビジネススキル向上習得に努力しなければなりません。

 

デリヘル男性求人なら頑張った分だけ稼げるやりがいのある仕事です。

 

一方で、デリヘル業は完全な能力主義です。

スタートでは業界経験者だけは多少の優遇はありますが、年齢や学歴や資格(必要なのは運転免許だけ)などは一切問いません。

年齢・学歴不問で、正社員ならばいきなり 初任給で 30万円以上ですから、一般社会平均初任給(大卒+高卒の平均18.8万)の約1.6倍も稼ぐことができます。

 

新人スタートの後は、実力主義です。実力次第でいくらでも稼ぐことができます。

もちろん、幹部や店長への昇格や独立・自営の道も含めてです。ここでいう実力という意味は一般社会でいうモノ(商品)を売る実力とは少しニュアンスが異なります。

デリヘル業ではモノは売りません。コンパニオンのサービスを売る仕事ですから、いくら優勝な男性スタッフでも、自ら直接売上を作ることはできません。

男性スタッフの重要な仕事は、コンパニオンがサービスを積極的に提供できるような環境や仕組みを創りあげるという事です。

言い換えれば男性スタッフとは、コンパニオンがキャストとして、気持ちよく最高の仕事(=ヘルスサービス)ができるように仕掛ける、ディレクターまたはプロデュ-サーの役割なのです。

その役割を十分に果たせれば、果たせるほど給料は上がり、40年しか稼働人生の無い中では、非常にやりがいのある仕事なのです。