風俗の送迎ドライバーが犯してはならないタブー10ヵ条

1130VIEWS
2018/01/11 風俗求人の仕事内容
バツ

デリヘルでの送迎ドライバー業務を遂行する中で、犯してはならないタブーな行為があります。

どの項目も社会的常識やビジネスマナーがあれば、理解できて実践できる内容ばかりです。ぜひとも、求人に応募する前にチェックしておきましょう。

 

送迎ドライバーが犯してはならないタブー10ヵ条とその理由

 

 

(1)規則やマニュアルに違反する、もしくは勝手な行動

仕事をする以上、規則やマニュアルを守るのは当たり前のことです。しかし、その当たり前が守られないこともまた事実です。

 

なお、以降は規則やマニュアルで一般的に禁止されている事柄です。(1)は、それらを読む上での前提となる項目と言って良いでしょう。

入社後は、すぐに社内規則やマニュアルを確認しましょう。

 

(2)時間にルーズな行動

仕事ができない人ほど、時間管理ができません。例として、勤務の時間に遅れる、決められた時間内に仕事を終えられないなどが挙げられます。

とても基本的な内容ですが、風俗の送迎ドライバーにとってはさらに重要です。

その理由は、送迎に遅れてしまえば顧客に迷惑が掛かってしまうため。

決められた時間にキャストをしっかり送り届けることこそ、お店の売上に貢献することになります。

 

(3) 乱暴で危険な運転

危険な運転は、キャストに不快な想いをさせる他、事故のリスクを高めます。警察に取り締まられるようなことがあれば、会社や顧客にも迷惑が掛かりますね。

 

(4)車のメンテナンスを怠る

送迎で使う車は、安全性はもちろん車内の居心地の良さも保ちましょう。

くれぐれも、ゴミが落ちていたり、タバコ臭かったりしないよう気をつけましょう。

 

(5)言葉遣いや態度が悪い

言葉遣いや態度に気を付けるのは、ごく当たり前のことですね。

しかし、年下の女性を相手にすることから、どうしても偉そうにしてしまう男性ドライバーが多いそうです。

送迎しているキャストは、大切なビジネスパートナーです。敬意を払った行動を心掛けましょう。

 

(6)風評被害を招く発言

具体的には、陰口や悪口、不平、不満などを指します。

密室で2人きりということから忘れがちですが、店舗や会社全体の雰囲気を悪くする原因になります。

また、ネガティブな話を聞かされている女性にとっても、良い気分がするものではありませんね。

 

(7)女の子を助手席に座らせる

女性を自分のすぐ隣に乗せると、つい「魔が差して」しまうことがあります。しかし、うっかり手を出してしまったら大変です。

セクハラなどのトラブルを未然に防ぐために、女性とどれだけ仲が良くても助手席に座らせるのはNGとされています。

 

(8)キャストとのプライベートな関係

キャストと信頼関係を築くことは重要ですが、馴れ合うのはNGです。

あくまでも、彼女たちはビジネスパートナーであり、男女間や友人としての関係を築いてはならないと認識しましょう。

また、仕事以外で彼女たちを見つけても、近付いたり声を掛けたりしてはいけません。これは、彼女たちのプライバシーを守るという大切な意味があります。

 

(9)仕事する上で知った情報の漏えい

会社や顧客、スタッフなど。ありとあらゆる情報を外部に漏えいすることは禁止されています。

とくに、スマホからうっかり情報が漏れないよう気をつけましょう。

 

(10)報連相を怠る

報連相(報告、連絡、相談)はビジネスの基本ですね。とくに、送迎ドライバーは車という孤立した場所で仕事しているため重要です。

 

10個のタブーを挙げましたが、どれもビジネスマンとしては当たり前のことばかりです。

ここまで読んで「簡単じゃないか」と思ったら、送迎ドライバーを難なくこなせるはず。ぜひとも求人にご応募ください。


経験者限定の店長チャレンジ