風俗店スタッフの基礎は挨拶と言葉遣い、キャストや顧客と良好な関係を築く

挨拶と笑顔

ビジネスマンにはさまざまな能力が必要とされます。

そのなかでも、挨拶と言葉遣いはもっとも基本的で、習得が簡単にもかかわらず、できている人があまり多くない要素です。

いくらその他で優れていても、これら2つができなければ周囲から評価されることはありません。それは風俗店の内勤スタッフやドライバーでも同じことです。

 

 

風俗業界にかぎらず重要な4つの重要な挨拶「オアシス」

 

相手に好感を与える為には、誰に対しても挨拶をすることです。挨拶ほど簡単なコミュニケーションはありません。

現在、多くの企業が「オアシス運動」を行っています。これは、基本的な挨拶をしっかり行おうという運動です。

オ(コ):おはようございます(こんにちは)
ア:ありがとうございます
シ:失礼いたします
ス(モ):すみません(申し訳ございません)

 

どのようなビジネスや会社マニュアルでも、挨拶の重要性が強調されています。

その理由は、「コミュニケーションを取りましょう」という意思表示のため。挨拶をしないということは、「あなたの話す気がありません」という意味になってしまうためです。

 

また、形式だけの挨拶は相手の気持ちを害します。反対に、気持ちのこもった挨拶は、相手の気持ちを和ませ、親近感を増させることができます。

とくに、風俗を始めとする接客では、感謝の気持ちが伝わるような気持ち良い挨拶を心がけることが大切です。

 

男性スタッフの言葉遣いが悪ければ、風俗の顧客からクレームが来ることも

 

言葉遣いにおいて注意すべきことは、無神経で粗雑な言葉を使わないことです。

言葉遣いは、相手から人間性や人格を評価される重要な要素ともなります。たとえ正しいことを言っていたとしても、言い方で相手の気分を損なってしまったら、要件が正しく伝わりません。風俗では、顧客からクレームが来ることもあるでしょう。

「自分は正しいことを言っているのに」と思ったことがある方ほど、気を付ける必要がある部分です。人は思っているより感情的です。

丁寧な言葉遣いは、良い人間関係を作り出すための基本です。

 

挨拶と言葉遣いという2つの要素は、ビジネスの基本。人間関係を良くして、仕事のパフォーマンスを最大限発揮させる効果があります。

人付き合いの多い風俗業界では、なおさら大切なものです。求人に応募して面接することになったら、ぜひともこれらを心がけて会話してみましょう。