風俗求人にも通じる、一流アスリートの哲学感から学べる目標達成スキル

野球選手

風俗業界で一流の仕事をするために、スポーツマンの考え方を学んでみましょう。

イチローと本田圭介は、それぞれ野球、サッカーにおいて世界レベルのアスリートです。

しかし、今回学ぶのは2人の今ではなく、小学生時代のこと。当時の作文から、彼らの成功につながる哲学感が読み取れます。

 

 

イチローと本田圭佑、2人の作文を読んでみましよう

 

<イチロー(鈴木一朗)の作文「夢」の要点>

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校の全国大会で活躍しなければならない。
それには練習が必要で、練習には自信がある。
3歳からはじめ7歳まで360日の練習をやってきた。
だから必ずプロの選手になれる。
プロの球団は中日ドラゴンズか西部ライオンズで契約金は1億円が目標です。

 

<本田圭佑の作文「将来の夢」の要点>

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。
だから 今ぼくはガンバっている。
今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。
そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。
ワールドカップで有名になって
ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。
そして レギュラーになって 10番で活躍します。

 

風俗で高収入を得るために大切な、目標の設定と達成の方法

 

彼らの作文の共通点は、「なりたい」ではなく「なる」と宣言していること。そして、自分の現状を書き、成功に至るまでの過程が明確に書かれていることです。

ビジネスにおいても、スポーツにおいても、次のようなことが重要です。

  • 最終的な目標が明らかである
  • 目標を達成する上での、自分の状況を知る
  • 目標達成のために重要な事を優先する

 

イチローや本田圭介は、小学生の頃からこれらの3要素を自然体で身に付けていたということです。彼らが一流のアスリートになったのは、偶然ではなく必然だと言えるでしょう。

 

 

何となく仕事していたら、いつまで経っても出世できません。

「とにかく稼ぎたい!」と思ったら、まずは「年収1000万円を目指す!」と明確な目標を決めましょう。

次に、「今は300万円しかない。今の仕事では一生到達できないし、目立ったスキルもない」と現状を分析します。

そして、「風俗の男性求人なら、努力次第で目標達成が可能だ!」と、自分のすべきことを優先して行うのです。