平成の性風俗から分かる、風俗の男性求人が盛んなワケ

268VIEWS
2018/01/11 風俗業界の基礎知識
平成

風俗の男性求人に応募するなら、風俗業界が今どうなっているのかを学んでみましょう。将来幹部になって店舗を運営するにも、独立するにも、重要なヒントがあるかもしれません。

現在の主流は、以下3つの風俗店。

 

【店舗型】

・ソープランド ・ファッションヘルス(ヘルス)

【無店舗型】

・デリバリーヘルス(デリヘル)

 

そのなかでも、新規出店が認められるのはデリヘルだけ。このことから、デリヘルの出店が増えすぎていると言われています。

 

平成から無店舗型のデリヘルが急増、ソープやヘルスの数はいっきに減った

 

かつて、風俗と言えばソープやヘルスが主流でした。しかし、1990年代以降に「青少年保護育成条例」によって、繁華街にある店舗型の性風俗店が規制されていきます。

今残っているソープやヘルスは、1985年の風営法改正前に届け出ている店舗だけ。現在、店舗型の新規出店はほぼ不可能な状態です。

その後、1999年に無店舗型の性風俗が合法化されます。これが今主流となっているデリヘルの登場です。

この法改正の目的には、店舗型から無店舗型に切り替えることで、青少年の目に届かないようにすることがあると言われています。

 

なおも増え続けるデリヘル。ネットサービスもライバル化する今、男女ともにたくさんの人材が求められる

 

現在の性風俗は、ソープとヘルス、デリヘルが主流です。

そのなかでも、ソープはサービスが充実している代わりに料金が高額という点で他2つと差別化されています。

しかし、ヘルスとデリヘルの違いはほとんどありません。顧客が店舗まで足を運ぶのか、顧客のところに女性が派遣されるのかという違いしかなく、サービスの内容はほとんど同じです。

そして、現在もなお増え続けるデリヘル。このことから、デリヘル業界では激しい競争が起きています。

競争しなければいけないライバルは、性風俗店という同業者だけではありません。インターネット上、出会い系サイトやアダルトサイトなどもです。

 

競争がますます激しくなる性風俗業界で生き残るためには、それらさまざまなサービスとの「差別化」と、リピーターを増やすだけの「質」が重要です。

だからこそさまざまな会社が力を入れていることが、人材の充実化。より豊富で質の高いキャストを集めること。そして、彼女たちを支える男性スタッフを揃えることです。

人が提供するお店だからこそ、人がいなければ始まりません。

「未経験者歓迎!」「学歴不問」など、風俗の男性求人の敷居が低いのは、このような業界の事情によるものでもあります。


経験者限定の店長チャレンジ