風俗スタッフの仕事を効率良く進める、先読み力を磨く

本を呼んで閃いている人

「備えあれば憂いなし」ということわざがあります。普段から前もって準備しておけば、いざという時でも何も心配がないことをいいます。

これはビジネスにおいても重要な心得です。風俗店のお仕事を効率良く進めるために、「先を読む力」を鍛えましょう。

 

仕事ができない人に不足しているのは、知識や技術よりも先読み力?

 

仕事ができない人の多くは、けっして業務にかんする知識や技術が劣っているというわけではありません。

しかし、いつも何らかのトラブルに巻き込まれて、その処理に時間や労力を割いているため、頑張っている割に成果が出せないことになります。

トラブルは不意に起こるもの。しかし、そこで「運が悪かった」「自分は悪くない」と考えてしまったら問題です。

本当に仕事ができる人は、先に起こりうるトラブルを予測して行動しているから。そのため、何か問題が起こっても、素早く解決できます。

 

これは、業務にかんする知識や技術ではなく、先読み力の差です。

それでは、仕事を効率良く進める為に「先読み力」を磨くためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

たった2つの思考を何度も繰り返す、先読み力の鍛え方

 

先読み力を鍛えるには、実践あるのみです。具体的には、「こんなことが起きるのではないか?」「起きたら、こうやって対処しよう」という2つの思考を繰り返します。

最初は、自分の想定がまったくの的外れになることも少なくありません。しかし、繰り返していく内に、だんだんと精度が磨かれていきます。

この思考の訓練は、1日後、1週間後、1ヶ月後などさまざまなスパンで行いましょう。

 

風俗店の運営に必須の能力だからこそ、求人応募当初から訓練を繰り返す

 

先を読む力は、風俗業界においてとくに店舗の運営やキャストの管理などの業務で重要になってきます。

求人に応募して入社した当初はそこまで必要とされませんが、幹部や店長などのポジションになると非常に大切だということ。将来的に高収入を目指すなら、求人に応募した段階から意識していきましょう。

 

風俗店で大きな売上を出すためには、過不足なく人員を揃える必要があります。

しかし、顧客の数、キャストやドライバーの数が毎日同じということはありえません。時間帯や曜日、時期によっても大きく変わります。

ここで、「暇なキャストが出てしまった」「ドライバーの人数が足りなかった」などがあれば、せっかくの利益を逃してしまうことに。

そこで求められる能力が先を読む力。ベストな人員数を想定し、いざという時も緊急で出勤できるキャストやドライバーを探しておくことで、最高の利益を叩き出します。

また、風俗店では、思いがけないトラブルやクレームも付きもの。それらを冷静に対処することにも、先読み力は必要でしょう。

 

将来に起こり得る出来事を前もって予測し、対処方法まで準備しておく先見の能力である先読み力。この先読み力を磨くことは、デリヘルスタッフの業務を効率良く、円滑に進める上でとても役立つ武器となります。