スピード出世できる20代、30代。風俗の求人応募時に求められるやる気のアピール方法とは

やる気に溢れたビジネスパーソン

20代、30代という年代は、風俗業界に入るベストタイミングだと言われています。

業界未経験者はもちろん、新卒からでも可能です。

 

早くからの風俗業界入りで自分の将来が広がる

 

風俗の男性求人への応募は、次のような理由から、早ければ早いほど望ましいとされています。

 

◆さまざまなスキルを高速で吸収できる

清掃や女性の管理、顧客との会話、公式サイト更新など。風俗店ほど多彩な業務を同時に行うところはあまりありません。

吸収力の高い20代・30代なら、これらをまとめて習得して、早いうちから充実したスキルを持った人材になれます。

 

◆スピード出世が可能

風俗業界は実力主義が基本。努力次第では、幹部や店長などへのスピード出世が可能です。

とくに、20代・30代は上述した吸収力の高さというアドバンテージがあります。

 

◆高収入を稼ぐための選択肢が増える

高収入を稼ぐためには、幹部や店長として同じ会社で稼ぎ続ける他に、独立起業するという方法もあります。

40代以降に風俗業界のノウハウを知って起業するのは大変ですが、まだ若い20代・30代ならより簡単に実行できるでしょう。

 

20代・30代に求められるやる気、面接での効果的なアピール方法

 

20代・30代が風俗の男性求人に応募した場合、企業側は即戦力的な能力よりも「やる気」を見ます。

一口に「やる気」と言っても、少し抽象的です。面接で単に「やる気あります!」「がんばります!」など答えるだけでは、「口では何とでも言える」と返されてしまうでしょう。

そこで、以下のように、より具体的な話題から自分のモチベーションをアピールすることが重要です。

 

◆業界にたいする理解

「どんな仕事をするのか分かりません、だけどやる気はあります!」と言われて、信じられるわけがありませんね。

自分がどのような環境で、どのように働いていくのかを調べておきましょう。

 

◆将来のビジョン

入社して1年後、5年後、10年後などに、自分がどうなりたいかを伝えます。

地に足の着いたビジョンは、業界や自分のことを真剣に考えていなければ出せない話題です。

 

 

これら2つの取り組みは、完璧である必要はありません。風俗業界自体があまり知られておらず、内部から見なければ分からないことがたくさんあるためです。

大切なことは、自分なりに真剣に調べて考えること。そのこと自体が、面接で評価されるポイントになります。

 

文|風俗コラムニスト ユウ