面接対策だけではない、風俗の男性求人に応募する時にしておきたい準備まとめ

面接

「実際に風俗店で働いてみたい」

そう思っていても、求人の応募以外に何をすれば良いのか分からないという方は多いはず。

そこで、風俗業界に入る前に準備しておくべきことをまとめました。

 

面接編:一般的な求人と同じく、しっかりとした履歴書と身だしなみを

 

求人に応募した後は、他の業界の就活と同じく選考を受けることになります。

以下はどれも一般的ですが、大切なことばかりです。

 

◆面接準備

就職活動と言うと筆記試験やSPIテストなどを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、風俗業界では面接がメインです。

質問への回答につまずくことがないよう、自分の経歴や将来のビジョンをしっかり整理しておきましょう。

 

◆履歴書

求人に応募する上でかならず書くものです。行き当たりばったりで書くのではなく、内容をしっかり決めてから書きたいですね。

 

◆身だしなみ

面接ではスーツが原則です。アパレル業界のように、ファッションを意識する必要はありません。

頭髪もこれと同じ。一般的な会社員のような、着こなしと清潔感を心がけてください。

 

その他:風俗店で良いスタートダッシュを切るために必要なこと

 

スタートダッシュ

 

選考さえ通れば、晴れて風俗店のスタッフになります。そのため、ただ働くだけなら、面接の対策だけすればOKではあります。

しかし、より良いスタートダッシュを切って短期間で高収入を得るために、他にできることがあります。

 

◆業界を知る

風俗業界について、本当に正しい認識を持っているか確かめましょう。

例えば、「あわよくば、キャストの女性と」なんて思っていませんか?

このような想像と現実のギャップは、働き始めてからのモチベーションに関わるだけでなく、何らかのトラブルを起こしてしまう恐れもあります。

 

◆身体作り

風俗業界は基本的に肉体労働です。健康に十分気を遣いましょう。

食事や運動で身体を整えておくことは基本。それ以外に、夜間に働く場合も多いため、睡眠時間のズレも対策しておく必要があります。

 

◆各種手続き

例えば、クレジットカードに登録された勤務地の変更など。意外と忘れてしまいがちのため気をつけましょう。

 

男性求人に応募する時、かならず準備しておきたいものが面接対策。その他、業界を知り、体調を整えておけば万全です。

特別な知識を養っておく必要はありません。思い立ったら、ぜひとも勇気を出して応募してしまいましょう。

 

文|風俗コラムニスト ユウ