東京の風俗を知る:男性求人が圧倒的に多い、おすすめの応募先エリア

265VIEWS
2018/03/05 風俗業界の基礎知識
東京都

風俗には人気エリアが存在します。男性求人に応募するなら、どこにお店が多いのか知っておきたいですね。

日本の首都である東京は、全国有数の風俗エリアがいくつも点在しています。顧客側として楽しむにも、求人を応募するにも絶好の場所です。

 

遊ぶにも働くにも最適な、東京都内の3大風俗街

 

東京都内でとくに大きなエリアは以下の3つ。これらは合わせて「3大風俗街」と呼ばれています。

 

◆新宿

新宿

「歌舞伎町」という名前を聞いたことがある方は多いでしょう。新宿駅東口を出てすぐのところにあり、東京や日本はおろか、東アジアでも最大クラスとまで言われる風俗街です。

1960年代から存在していることから、ヘルスやソープなどの店舗型も数多くあります。

 

◆渋谷

渋谷

若者の街と呼ばれる渋谷。道玄坂を上った先にある円山町は、東京のなかでも有数のラブホ街です。

そのため、デリヘルやホテヘルなどの無店舗型が充実しています。

センター街通りなどに風俗店が点在していますが、新宿と比較すると歴史が浅いため、ヘルスやソープなどの店舗型は少なめです。

 

◆池袋

池袋

池袋はオタクの聖地とも呼ばれており、アニメやゲームなどサブカル系のショップが多く立ち並びます。

その影響があり、コスプレや萌え系などオタクに嬉しい風俗店が多い点が特徴的。狙い目は池袋駅の北口周辺です。

 

なお、新宿と渋谷、池袋は駅の乗降車数における世界トップ3です。

それだけたくさんの人がいるということ。風俗を含むあらゆる商売において、まさに激戦区となるエリアです。

 

男性求人に応募するなら要チェック。東京の各風俗エリアは地方中心地に匹敵する!

 

東京の風俗と言ったら、上に挙げた新宿・渋谷・池袋が鉄板。それ以外にも下記が有名です。

 

◆吉原

風俗好きなら、「吉原遊郭」という名前を聞いたことがある方は多いでしょう。江戸時代に幕府から公認されていた、歴史ある風俗店です。

現在も、吉原は有数のソープエリアとして有名です。

ただし、東京都内にしてはアクセスが少し悪く、駅周辺は静かな住宅街です。あくまでソープありきの場所で、デリヘルやヘルスなどソープ以外のお店はあまりありません。

 

◆鶯谷(うぐいすだに)

鶯谷の特徴は何と言ってもラブホテルの数です。

駅の東口を出るとすぐそこにラブホ街の入り口があり、駅のホームから何十件も見えるほど。

そのため、デリヘルなどの無店舗型が圧倒的な数を占めます。

 

◆五反田

オフィス街として栄えている品川区最大の繁華街が五反田。サラリーマンに嬉しい、安く早く済ませられる風俗店が多い点が特徴です。

付近の居酒屋やレストランなども財布に優しく、とことん働く男性向けです。

 

◆町田

西東京の代表的な風俗エリアと言ったら町田でしょう。「西の歌舞伎町」と呼ばれており、原町田の1丁目から6丁目までが歓楽街になっています。

 

◆立川

町田と同じく、西東京の代表です。デリヘルやホテヘルなどの無店舗型がほとんどです。

 

東京は風俗にとても恵まれています。新宿・渋谷・池袋の3大風俗街にばかり目が行きがちですが、それ以外の場所も地方の中心地に匹敵するほどです。

求人も圧倒的に多いため、将来高収入を期待するなら、働き先としてぜひとも東京を第一候補にしましょう。

 

文|風俗コラムニスト ユウ


経験者限定の店長チャレンジ