【マニュアル初公開】デリヘルドライバーで高収入!アルバイトから年収1000万を目指す~基礎知識編

76VIEWS
2018/05/20 風俗求人の仕事内容
デリヘルドライバー

デリヘルなどの風俗業界で今一番求められてる人材が「デリヘルドライバー」です。

一般職でのドライバー(運転手)と大きく異なるのは、デリヘルドライバーはただキャストを送迎するだけではなく、店の売り上げに貢献できる仕事だということです。

正社員である幹部候補生の内勤スタッフも、最初に学ぶのはデリヘルドライバーとしての仕事です。アルバイトのドライバーとして仕事を始めて、正社員としてキャリアアップして年収1000万円を稼いでる方も少なくありません。

そのため、デリヘルドライバーだからこそ働くために覚えなくてはならない風俗業会ならではのルールも存在します。

そこで、これまであまり表に出ることのなかった「デリヘルドライバー」マニュアルを公開させていただくことで、ドライバーから始めて高収入を得るための近道をご紹介しましょう。

今回は「基礎知識編」ということで、具体的なデリヘルドライバーとしての仕事内容や、キャストとの接し方に関するルールについて学んでいきます。

初めてのデリヘルドライバー!仕事内容の基本を学ぼう

まずはこちらの画像をご覧ください。ここではデリヘルドライバーが内勤スタッフからの指示を受けてからの、仕事の一連の流れを説明しています。

ドライバー

▲全体的なデリヘルドライバーのお仕事フローです

 

次の図では「デリヘルドライバー」の仕事内容について、個条書きで説明されています。具体的なドライバーとしての行動に関する指示や、どのような態度や気持ちでキャストと接するべきかが書かれています。

 

マニュアル1

初めてデリヘルドライバーとして仕事をされる方が覚えておきたいのが「キャストに対してはできるだけ明るく、そして丁寧に接する」という部分でしょう。

デリヘルキャストはお店の売り上げに直結する、とても大切な商品であり、個人事業主でもあります。

そしてドライバーはそんなキャストと長い時間を共有する仕事ですので、ただ運転するだけの単純作業ではありません。

 

知っておきたいデリヘルドライバーのルール!キャストと接する仕事だからこそ、スムーズな業務が売上とあなたの評価に

次にご紹介するのは、ドライバーとして行うべき具体的な業務の説明部分となります。目を通していただければおおよそ、「何をするのか?」という部分は簡単にご理解いただけると思います。

細かな業務内容のポイントが挙げられていますので、一般常識のある方であれば、一度眼を通すだけでもほとんど理解できると思います。

 

デリヘルドライバー2

ドライバーとしてデリヘルでキャストとして働く女性と接する際には、これ以外にも顔バレ、身バレなどプライバシーや不快感を与えない部分でのルールも覚えなくてはなりません。

例えばこのようなデリヘル風俗業界ならではの決まりごともあります。

 「町でコンパニオンを見かけても絶対に話しかけない」
これはデリヘルスタッフとしてはデフォルトの「決まりごと」です。当たり前のことですが、最初はしっかりとインプットしておく必要がある項目でもあります。

 

 「女性は匂いに敏感ですので、車の中は清潔に保って下さい」(芳香剤などで対応をお願いします)
仕事に対する女性キャストのモチベーションを上げるのも、デリヘルドライバーの大切な仕事の一つです。運転する側にとっては、女性との相性などはあまり気にすることではないと思われがちです。

ところが自分自身を商品として稼いでいるキャストは、仕事のストレスなどもあり、ささいなことで過敏な反応してしまうこともあります。

このように「車を清潔に保つ」というだけでも、キャストは気持ちよく仕事を続けようと思うものです。

 

「お客様に電話の際、店舗名とコンパニオン名は間違いないように必ず良く確認して下さい」
女性をお客様のところにスムーズに誘導するのも大切な仕事です。ここでミスを犯してしまうと、リピート客を逃すだけではなく、キャストとの信頼関係もなくなってしまい、店にとってはデメリットしか残らなくなってしまいます。

 

「 コンパニオンとの業務以外の会話は禁止です」

これは、初心者のデリヘルドライバーには一番ハードルが高い部分かもしれません。キャストの送迎中の「業務以外の」会話は基本的に禁止されています。

しっかりとルールを守りたいのであれば、移動中はドライバーからは業務以外の部分で話しかければいいだけのことです。

ところが何度も同じキャストを送迎しているうちに、キャストから、
「今日のお客さん疲れた~」
こんな一言が漏れることもあるでしょう。

難しいのはこのような場合の対応です。業務以外の会話になるわけですが、大切なキャストから話しかけられて返事をしないわけにはいきません。

慣れ、というのは怖いもので、ほんのささいなやり取りをしているだけでも、気がつけば業務以外の会話をしてしまっていた…このようなケースが少なくありません。

またキャストによっては、移動中でも話しを聞いてほしいタイプもいれば、一切会話はしたくないというキャストももちろん存在します。

初心者のデリヘルドライバーであれば、
・業務以外のことで話しかけない
・キャストが話しかけてきた場合、最低限の答えはしてもルールから外れないように心掛ける

このようなことを学んでおく必要があります。もし移動中に、業務以外の会話を求められ、つい対応してしまった場合は、事務所の内勤スタッフに報告するようにしましょう。

 

デリヘルドライバーの基礎知識と基本ルールのまとめ

このようにデリヘルドライバーという仕事は、キャストと二人きりになる時間が多くなる業務です。それぞれ性格の異なる数多くのキャストと接しながら、女性とのコミュニケーション力を身につける場所でもあります。

また弊社マニュアルにはドライバーのルール違反に対するペナルティーについても「場合によっては退店して頂くことになりますので厳守して頂くようにお願い致します」と記載させていただいております。

最初は戸惑うかもしれませんが、学びたい、そして稼ぎたいという気持さえあれば、どなたでも応募できて、将来の高収入も期待できるスタート地点がデリヘルドライバーです。

次回のドライバーマニュアルコラムも是非ご参考にご欄ください。

文|ウィニング編集部