副業デリヘル送迎ドライバーのための会社にバレない確定申告法

2308VIEWS
2018/07/06 風俗業界の基礎知識
確定申告

副業としてデリヘル送迎ドライバーで働こうと思っている方、あらかじめ確定申告について理解を深めておきましょう。

条件を満たしているなら、バイトでも確定申告が必要になる場合があります。

しかし、申告すると本業に会社にバレてしまうリスクもあり、恐いところです。就業規則に副業禁止と書かれており、こっそり稼ぎたいという方も多いことでしょう。

そこで、確定申告の基礎。どのような方が手続きしなければならないのか? というところから、会社にバレない方法までをご紹介します。

 

そもそも確定申告とは? 会社員が確定申告をしない理由

 

税務署

 

そもそも、確定申告とは所得税を支払うために行う手続きのこと。昨年の収入や支出などをまとめて所得を計算し、その額にあった税金を支払います。

所得税は社会人なら誰もが払うものです。それにもかかわらず、確定申告について詳しく知らない方はたくさんいます。

その理由は、会社員はほとんど確定申告を自分で行わないため。

会社員は自分で所得税を払うのではなく、会社が給料から天引きすることで代わりに支払っています。

給与明細などに書かれている「源泉徴収」が天引きされている分です。また、実際に所得税を計算して納める業務を「年末調整」と言います。

このあたりの言葉は、会社員として働いているなら聞いたことがあることでしょう。

 

デリヘル送迎ドライバーでも確定申告が必要なケースとは

 

一般的な企業は源泉徴収によって社員の所得税を支払っています。

しかし、デリヘル送迎ドライバーの求人では、自分で確定申告をしなければならない場合があります。

どのようなケースで確定申告が必要になるのか見てみましょう。

 

1.年末調整を行っていない求人への応募

 

会社が給料から天引きして、社員の代わりに所得税を支払う「年末調整」。これはけっして義務というわけではありません。

企業によっては行っていないところもあります。とくに、バイトやパートの場合は対象外ということも多いですね。

応募する求人で年末調整が行われているかはよく確認しておきましょう。求人に書かれていないときは、面接などで遠慮せずに質問してみてください。

この項目は、以下の2と併せて判断しましょう。

 

2.1年間の収入が20万円を超える

 

副業の確定申告には「20万円ルール」があります。つまり、アルバイトやパートで1年間の収入が20万円以下なら、確定申告は不要だということです。

なお、ごく稀にですが、アルバイトやパートではなく個人事業主としてデリヘル送迎ドライバーの業務に就くことがあります。

この場合にも20万円ルールが適用されますが、収入ではなく「所得」で考えることになります。

つまり、単に報酬として受け取った額ではなく、諸々の経費を引いて残った額が20万円を超えていなければ、確定申告をする必要はありません。

とくに、デリヘル送迎ドライバーではカーナビなどの車載グッズを経費として計上できるため、この差を覚えておきたいですね。

 

1と2をまとめると、次のようになります。

  年末調整有 年末調整無
20万円を超える 不要 必要
20万円以下 不要 不要

 

3.控除を受けるために確定申告する場合

 

少し例外的ですが、会社員でも医療費控除や扶養控除などを受けるために確定申告することがあります。

このとき、上記のケースに当てはまっていなくても、かならず確定申告書に副業のことを書かなければなりません。

確定申告するかしないかは自由でも、「申告しておいて副業については隠しておく」というのは虚偽の申告になってしまうためです。

 

副業デリヘル送迎ドライバーが本業の会社にバレない方法

 

会社怒り

 

上記のような条件を満たしているなら、確定申告はかならずしなければなりません。しかし、それが原因で、本業の会社に副業のことがバレてしまうことがあります。

その理由は、住民税の金額が会社に通知されるため。

本来、住民税の金額は所得を元に計算されます。しかし、副業の確定申告をしておくとその分がプラスされて、より高い金額で通知が行ってしまいます。

「社員の給料はこれだけなのに、どうしてこんなに住民税が高いんだ」となってしまうわけですね。

デリヘル送迎ドライバーを会社にバレずこっそり行いたいという方は多いはず。そこで、本業にバレないための方法を見てみましょう。

 

デリヘル送迎ドライバーの収入を20万円以下に抑える

 

上の確定申告が必要なケースでもご紹介したとおり、副業の収入が20万円以下のとき申告が不要になってバレません。

ただし、ただでさえ高収入なデリヘル送迎ドライバーですから、働ける時間が相当短くなる点に気をつける必要があります。

 

住民税を自分で納付する(ただし、バレてしまうリスク有)

 

確定申告書には、「住民税をどうやって支払うか」という項目があります。

ここで「自分で納付」を選択すれば、副業分の住民税が会社に通知されることはありません。この方法なら、上記と違って20万円以上の高収入を稼ぐことも十分に可能です。

ただし、この方法は役所から会社に確認の連絡が行くことがあると言われており、絶対に安心とは言えません。

事前に、役所に「会社に知らせたくない」と相談するなどの対策法もありますが、相応のリスクがあることを十分承知してから行いましょう。

また、役所に自分で支払わなければならない点にも気をつけましょう。

 

デリヘル送迎ドライバーが会社にバレたらどうなる? 法律の視点で見てみよう

 

ステップアップ

 

もしも、副業していることが会社にバレてしまったらどうなるでしょうか?

会社の就業規則に違反しているなら、減給や懲戒免職などの恐れがあります。

しかし、大きなリスクと言ったら、実はそれだけです。

各種法律では、就業時間外の副業を禁止するような規定がありません。つまり、逮捕されたり罰金を支払ったりすることは一切ないということです。

※就業時間内の副業は、労働基準法の「就業時間内は労務に従事すること」に触れる恐れがあります。

今の職場に不満を抱いているなら、その機会に思い切って辞めてしまうことも十分考えられるでしょう。

 

副業の悩みがあっても、まずはウィニンググループにご相談ください!

 

確定申告をしないと税務署に多額のペナルティを課されます。しかし、確定申告をすると今度は本業の会社にバレる恐れがあります。

どうすれば1番安全に働けるのか、よく考えてから求人に応募したいですね。

 

ウィニンググループでも、このような副業にかんする悩みを抱えながらも「デリヘル送迎ドライバーとして働きたい!」という方がたくさんいらっしゃいます。

そのような方には、どうすれば良いのか十分説明し、不安を解消した上で業務を始めて頂いています。

「会社にバレないか不安」という方でも、まずはお気軽に求人にご応募ください。

 

文|ウィニング編集部


経験者限定の店長チャレンジ