デリヘル女性管理職や女性店長のメリットとは?

383VIEWS
2019/01/18 風俗求人の仕事内容
女性店長のメリット

今回のコラムでは、デリヘルなど風俗店で女性が管理者であるメリットについて考えてみたいと思います。

デリヘル店長や経営者で女性が管理者として関わるケースは大きく分けて二つになります。

・キャスト経験のある女性
・出資者(店舗運営者)が女性である場合

その中でも最近多いのは、キャスト経験者がキャリアアップして運営の責任者となるケースです。現場にかかわることが多いデリヘルでは、「キャスト経験」はやはり大きなツールとなります。

そんな変化しつつある風俗業界での「女性の進出」と運営側が得られる売り上げにつながるメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

理解度のバランス「運営側とキャスト心理」

当たり前ですが、風俗業は男性のお客様があって成り立っている世界です。店舗側で最優先されるのはもちろん「売上げ」と言う数字ですが、お店都合だけで運営を考えていても、店長として求められる成果は付いて来ません。

そこで最優先されるものはやはり「キャストのサービス」の質となります。そのためにはの店で働くキャストには常に気持ちよく仕事をしてもらう必要があります。

女性管理者であればそんなキャストの気持ちを理解して、より安心感を与えることができるでしょう。運営側が求めるものと、キャスト心理の両方を理解できるバランス感覚を持って店舗管理ができる女性店長のメリットは大きいと言えるでしょう。

女性管理者ならでは!安心感をキャストに充てることができる

デリヘルなど性風俗で働く女性に悩みはつきものです。特に業界未経験で入店した女性の場合、男性スタッフには相談しにくいことケースも少なくありません。

また相談を受ける立場が「元キャスト」の内勤スタッフや管理者である場合、サービスや接客内容については「経験者だからこそ」理解できる話もあります。

それ以外でも、キャストはストレスの多い仕事環境で悩む場合もあります。そんな日々の小さな愚痴なども、女性店長であれば丁寧にヒアリングしたり、同じ女性としてアドバイスできるのも大きなメリットでしょう。

また「店長」という立場であれば、キャストの悩みに対しても「店の代表」として問題を解決するために動いてくれます。

このようにキャストにとっては、プライベート、仕事の両面から頼れる存在になるのが女性管理者でしょう。

現役キャストのキャリアアップの見本になれる

ここ最近デリヘル業界では、キャストを卒業した女性が→内勤スタッフ、そして店長としてお店の運営を任される、そんなキャリアアップが多くなってきています。

そんな女性の多くが具体的な夢として考えているのが「将来の独立」、自分がオーナーとして、店舗を経営するということです。

キャストとしての経験は貴重なものです。それを生かして、風俗業界でステップアップを目指す、そんな女性店長の姿は現役のキャストにとっても将来のキャリアプランの見本にもなりつつあります。

求人など対外的なアピールやブランディング

女性が管理者として働いているお店にとって、「女性店長」は広告塔としてブランディング面でも大きなメリットが考えられます。

例えば女性求人にしても「管理者が女性」であるアピールは、応募する側に大きな安心感を与えることができます。

特に風俗業界は全く未経験の女性に対して、
・セクハラなどの心配がない
・講習などの不安もなくなる
など、問い合わせや面接までのハードルを下げることができます。

やはり窓口が女性であると言う訴求は、「風俗」という業界への一歩を踏み出す未経験女性に対する大きなブランディングとなります。

女性だからこそキャストの変化に気づきやすい

女性同士であれば、見た目の変化だけではない「メンタル面の変化」にも気付きやすいという特徴は、風俗業界では大きな武器となります。

女性ならではの細かなケアはキャストのモチベーションにつながる、管理者としては欠かせないものです。

電話の声にやLINEのやり取りに元気がない、あるいはちょっとした顔色の変化から体調の心配をする、こんな細かなところは男性ではなかなか気づけないポイントです。

これもすべて、ただ同性であるというだけではなく、管理者自身も「キャスト」として働いた経験が生かされる場面だと言えます。

 

風俗業界においては、女性同士の連帯感は強いものがあります。

特にキャストの管理では、
・相談しやすい
・話しやすい
・情報の共有がしやすい
このような信頼関係は、女性管理者だからこそ短い時間で作り上げることが可能なのかもしれません。

業界全体でみれば、まだまだ女性管理職が多い風俗店は多くありません。ただ間違いなく今後は増えていく傾向にあると思います。

 

もちろん女性だからこそのデメリットも存在します。それでも今回のコラムで取り上げたメリットは、すべてが売り上げという成果につながるものです。

もしあなたが現在キャストとして働いている、あるいは過去に働いていた経験を持っている方であれば、将来の夢を実現するためにセカンドキャリアのスタート地点として「女性管理職」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

今回ウィニンググループで始められた「店長チャレンジ」求人は風俗業界経験者の方には是非挑戦して欲しい、デリヘル業界でも珍しい求人です。最初から店舗運営者として新しいお店を立ち上げることができますし、収入に関しても売り上げと比例して「制限なく」上がっていくシステムです。

興味があり方はこちらから、ぜひご覧ください↓↓↓!

文 |風俗コラムニスト チリペッパー小田


経験者限定の店長チャレンジ