デリヘルフランチャイズをうまく活用して高収入を得るには?その仕組み

78VIEWS
2022/10/16 風俗業界の基礎知識

セカンドキャリアとしてあるいはビジネスオーナーになるために起業したい、そんな方が注目しているのがデリヘルなどの風俗フランチャイズです。

風俗業界のフランチャイズイメージとして
・景気に左右されず稼げるイメージがある
・開業資金も少なく済むので手軽に始められる
このような考え方をする方は少なくないと思います。

そこで今回のコラムではフランチャイズで儲かる仕組みを理解しつつ、失敗しないために知っておきたいことについて述べていきましょう。

デリヘルフランチャイズではいくら稼げるのか?

現在多くの業種でフランチャイズシステムが取り入れられています。飲食関係からコンビニなど多岐に渡りますが、フランチャイズオーナーの平均年収は以下のようになります。

コンビニオーナー:年収700万円前後
飲食オーナー:年収1000万円前後
塾オーナー:年収800万円前後

あくまでこれは平均値ですのでもっと稼いでる方もいらっしゃれば、それ以下の収入の方もいらっしゃるのが現実です。

中には複数ブランドのフランチャイズ加盟を行って年間億単位の利益を出している企業も存在します。

 

ではデリヘルフランチャイズではどうでしょうか?残念ながら参考となるような数字は公表されていませんので平均的な年収は分かりませんが、真摯に取り組めばデリヘルフランチャイズで稼ぐことは難しくないでしょう。

そもそも風俗フランチャイズのオーナーとして参入しようと思っているのであれば、「フランチャイズは儲かるのか儲からないのか?」という部分だけにこだわるのは間違いです。

デリヘルFCに加盟することでフランチャイズシステムをうまく活用するにはどうすればいいのかという視点で考えることが大切です。

中には儲かるのであればなぜフランチャイズを募集するのか?そんな声もありますが実はこれは大きな間違いです。では本部がフランチャイズを募集する理由について説明していきましょう。

本部がフランチャイズを募集するメリットは二つ

これは業種に関係なくフランチャイズ全般に言えることですが、本部にとって加盟店を募集するには以下のようなメリットが存在します。

・デリヘルの開店資金をオーナーに一部負担してもらうことでより店舗展開がしやすくなるので大きなブランディングの効果も期待できる
・雇用関係にある従業員ではなくオーナーを募集することでより責任感やモチベーションの高い店舗を増やすことができる

このように本社の負担を少なくしながら店舗を増やすのであれば、責任感があるフランチャイズに任せるのが理想的だからです。

しっかり理解しておきたいデリヘルフランチャイズで儲かる仕組み

風俗系のフランチャイズは開業や独立のハードルが低いと言われています。そのため安易な気持ちで参入を考えるオーナーも少なくありませんが、ビジネスである以上失敗のリスクについては常に考えておく必要があります。

デリヘルオーナーとして起業を考えている方が知っておくべきことは「なぜフランチャイズが儲かるのか?」という基礎的な仕組みの部分です。具体的にそれぞれの役割について見ていきましょう。

デリヘルフランチャイズ事業本部の役割とは

フランチャイザーと呼ばれる事業本部は契約時の加盟金やロイヤリティを受け取る代わりに次のようなものをオーナーに提供します。

1.商標やブランドの利用権
2.商品やサービスの販売権
3.開店前そしてオープン後のノウハウの共有や各種サポート

お店のブランドを利用して加盟店を増やしていくことが事業本部の利益に直結します。

デリヘルフランチャイズ加盟店が払う二つの対価

加盟店であるデリヘルオーナーは事業本部からブランド力やサポートを受ける代わりに例えば次のような対価を支払うことになります。

1.契約時に支払う加盟金
2.加盟後に毎月支払うロイヤリティ

加盟金とは契約時にのみ発生する費用ですが、ロイヤリティとは毎月発生する継続的な支払いとなります。

このロイヤリティに関しては売上の歩合方式や定額などいくつかの種類がありますので、自分が興味を持ったデリヘル店に関しては十分に事前調査するようにしましょう。

フランチャイズで稼ぐために知っておきたいポイント

では具体的にどのようにすればデリヘルオーナーとして稼ぐことができるのでしょうか?
単純に「加盟金やロイヤリティが低い事業本部」を選ぶのは間違いです。

特に風俗業界のフランチャイズにおいてはほとんどの方が業界未経験です。従って業界での経営経験がなくノウハウも乏しい場合には事業本部からのサポートなしで成功することは難しくなります。

したがって大切なのは事業本部が集客やキャスト求人などの面でしっかりサポートしてくれれば効率的にお店の売り上げを伸ばしていくことができるようになります。

これから風俗業界で起業を考えるのであれば自分自身のスキルや経験を理解して、自分に一番合ったデリヘル事業本部を探すべきです。

過去のコラムでも取り上げてきましたがフランチャイズビジネス、特に風俗での企業に関しては向き不向きはあります。具体的に説明しましょう。

デリヘルフランチャイズに向いている人向いていない人

どんなビジネスにおいても向き不向きは存在します。風俗業界では稼げるオーナーと稼げないオーナー、どんな違いがあるのでしょうか? 具体的には動画で説明しておりますので是非こちらをご覧ください。

こんな人ならデリヘルオーナーとして成功します

フランチャイズビジネスに向いていない人の特徴


経験者限定の店長チャレンジ