デリヘルフランチャイズ開業に向いている人、失敗するオーナーの特徴は?成功事例と失敗事例

561VIEWS
2023/08/06 風俗業界の基礎知識

少ない開業資金で起業できるデリヘルフランチャイズは個人で簡単に店舗をオープンできるため注目を浴びています。そこで今回のコラムではウイニンググループのFC担当者の方と
・FC起業に向いている人と成功事例
・FC起業に向いていない人と失敗する原因
について詳しいお話を伺ってきました。詳しくは動画で説明しておりますので是非そちらも合わせてご覧ください!

目次

デリヘルFC起業に向いている人と成功事例

ではどのような方がデリヘルFCで成果を上げているのでしょうか?店舗運営ともなると日々いろいろな問題と直面することも少なくありません。そんな場合でもうまく乗り切れる人は「常に色々と考えてすぐに対応できる方」です。

特にキャストという女性を商品として扱う以上、想定外の局面も考えられます。特にこれまで風俗経験もなくオーナーとしてデリヘルフランチャイズに加盟する場合、やったことがないからこそベストな対応がわからないことも起きてしまいます。

ウイニンググループではFC本部と加盟オーナーが一緒に考えて店を育てるというスタンスですので、その仕組みを有効活用されている方がより大きな成功を収めているという成功事例が少なくありません。

そのためのFCフランチャイズですので、常に本部とコミュニケーションを取って情報共有することで新しいお店を育てていく原動力となります。

デリヘルFCの魅力は年齢性別に関係なく始められること

デリヘルオーナーとして開業を目指す場合、年齢や性別は一切関係ありません。若い人だから成功しやすい、高い年齢層だから失敗しやすいということは一切ありません。

ウイニンググループFCの成功事例からも明らかなのは「常に高いモチベーションとバイタリティを持って仕事に集中する」人であれば安定した運営を行うことができるという点です。

前半の動画ではこれ以外にも ・デリヘルFC地方展開のコツ ・競合店が少なくない地方でも稼げるのか などについてトークしています。是非動画をご覧ください!

デリヘル起業で失敗するオーナーの特徴とは?

では逆にデリヘルフランチャイズで失敗してしまう原因として考えられるのは何でしょうか?一番多いのがランニングコストの見積もりを誤った運転資金のショートによる廃業です。今回の動画ではそれ以外の「失敗するオーナーの特徴」について語っていただきました。

共同オーナーや金主がいる場合に起きやすい意見の相違

「自分の店を持ちたい」と考えて金主を探してパートナーシップを組み、デリヘルFCで起業する場合に起きやすいのがそれぞれがイメージする店のコンセプトが異なるケースです。

ウイニングデリヘルFC本部ではFC加盟頂いたオーナーに店舗運営のノウハウのシェアなど細かなケアをしています。そんな時に本部の意向を100%汲み取って動けない場合、後々運営面で苦しくなってくるケースが出てきます。

 特に共同経営や金主が絡むFC開業では、営業スタイルやコンセプトなどに関するお互いの意見のずれが原因で売上が落ちてしまうことも少なかりません。

経営サイドのトラブルなどは働いてるキャストのモチベーションにも大きく影響しますので、結果としてせっかく立ち上げた店舗がスムーズに回らなくなってしまいます。
後半の動画では「デリヘルFC開業はワンオーナーが望ましい理由」について詳しく語っていますので、動画を是非ご覧ください!


経験者限定の店長チャレンジ