風俗求人では、デリヘル店幹部を目指す野心と向上心のある男性を歓迎しています

110VIEWS
2018/01/10 風俗業界の基礎知識
向上心のある男性スタッフ

国税庁の調査によると、平成25年度の全給与所得者に占める「年収1,000万以上」の割合は、わずか3.9%しかいないとのことです。

一般企業での就業者はおおよそ、上場企業で部長職以上、中小企業では役員クラスでしか、年収1,000万には到達することはできないでしょう。

部長職や役員クラスに昇格するには、入社後20年から30年の年月を要します。

 

一般企業では30年掛かる年収1000万、風俗求人なら5年で到達可能です

 

風俗求人では、本人のやる気と努力さえあれば、未経験者であっても最短で2年、平均で3~5年で店長クラスの幹部まで昇格することが可能です。

デリヘルで仕事するなら、高い志を持って幹部を目指しませんか?

高い志とやる気を持って努力すれば、デリヘルでは年収1,000万到達までに3~5年で可能です

 

風俗店店長の仕事とは? 店長に求められるスキルとは?

 

店長とは風俗店のトップですから、そのお店の経営を任せられます。

これは、全ての資産を有効活用して利益を上げることです。

「資産」とは、

  • 仕事に従事する全ての人(コンパニオン、スタッフ、ドライバーなど)
  • 所有する全ての物(事務所、備品、車、パソコンなどの物)、
  • 出入りするお金(売上金や経費・費用(人件費、販促費、備品購入費、家賃など))
  • 所有する全てのシステムや情報(運営ノウハウ、マニュアル、情報システムなど)

 

「有効活用する」とは、上にあるすべての資産を使って、最大の効果を出すことです。

従って、店長に求められるスキルとは、全ての人と全ての業務内容や仕組みについて周知・精通していることと、それらを統制コントロールできるマジメント力・リーダーシップ力です。

 

風俗未経験者から店長になるまでのステップと心構え

 

1年目:

  • ひとつひとつの業務を確実に習得し、その業務の持つ意味を理解する
  • ひとりひとりの人(コンパ二オンやスタッフ)を知り、良い関係を保つ
  • 誠実・丁寧・謙虚&やる気・努力

 

2年目:

  • お店全体の業務フロー(仕事の流れ)を理解する
  • お客様の動向や要望などを観察・分析できる
  • 売上を向上させるための改善案が提起できる
  • コンパ二オンやスタッフからの信頼を得る

 

3年目:

  • 人のマネジメント力を磨き、リーダーシップが発揮できる
  • 全体の業務について指導・監督ができる
  • 売上(利益)を向上・改善する目標や対策を提示・指導できる

 

心構えとしてのポイントは、熱意と向上心を持ち続ける高い志です。