長時間の運転でも安心、熟練デリヘル送迎ドライバーの疲労対策法

夜間の運転

デリヘル送迎ドライバー業務では、深夜に長時間、車の運転をすることになります。

ドライブが好きな方でも、長時間の運転は疲れるものです。その状態が続けば事故を起こし、自分だけでなくデリヘル嬢も怪我させてしまうかもしれません。

デリヘル送迎ドライバーは、常に自分の体調を管理し、安全に運転できるコンディションを保ち続けるという責任があります。

そこで、実際のドライバーがどのような方法で自己管理しているのかご紹介します。

 

デリヘル送迎ドライバーの業務前にやっておくべき自己管理

 

まずは、事前にどのようなことに気をつけるべきかを見てみましょう。

 

本業と副業の兼ね合いを確認する

 

自己管理で何より大切なことは、限界を超えて無理をしないことです。

とくに、デリヘル送迎ドライバーのなかには副業として働いている方も少なくありません。本業の後で疲れていると、事故を起こす確率が何倍にも上がります。

生活の都合から働かないわけにはいかない方も多いことが事実ですが、それでも限界を超えて働くことは止めましょう。

事故を起こせば弁償する必要も出てきて、結果的に大損してしまいます。

 

運転席のシートを調整する

 

運転席のシートの位置は、疲労に大きくかかわります。

買ったときに1回調整したきり、まったく操作していない方も少なくありません。しかし、年月が経つと体型の変化でシートのベストポジションが変わります。

無理な姿勢で運転していないか、もう1度よく確認してみましょう。

 

デリヘル送迎ドライバーの業務中にできる疲労回復・予防法

 

チェックリスト

 

業務中に疲れを取る、もしくは予防するためには、待機時間の使い方を工夫する必要があります。

何となく過ごすより、以下にあるような行動を意識的に取ることで、より長時間の業務にも耐えうるようになるでしょう。

 

車から降りて身体を動かす

 

同じままの姿勢でいると、血液が滞ってエコノミー症候群になる恐れがあります。

待機時間のたびに、1度車から下りて軽くストレッチすることを心がけましょう。

 

シートを倒して仮眠を取る

 

深夜の仕事ですから、やはり眠気は避けて通れない問題です。眠気を確実に取るためには、仮眠を取るしかありません。

疲れをしっかり取るためには、シートを倒して横になれる姿勢がベストです。

ただし、店舗や事務所から連絡が来ることがあるため、携帯の通知にはかならず反応できるようにしましょう。また、デリヘル嬢が帰ってきたときに熟睡していることがないようにも気をつけましょう。

 

スマホの利用を控える

 

待機時間中にスマホをいじっている方は少なくありません。しかし、疲れという観点では目や脳を酷使してしまうためNGです。

暗い車内でできることはかぎられており、スマホにまったく触れないというのは確かに退屈です。

しかし、多少は目と脳を休ませる時間は確保しておきましょう。

 

ものを食べすぎない

 

夜中はお腹が空いて夜食を食べたくなりますが、満腹になると眠気が生じます。

ついつい食べすぎてしまわないよう気をつけましょう。とくに、ご飯やラーメンなどの炭水化物は眠気が強くなるため控えましょう。

 

グッズを揃えてデリヘル送迎ドライバーの業務をさらに安全・快適に

 

長時間の運転にも耐えられるように、あらかじめ車内にグッズをそろえておきましょう。

以下では、デリヘル送迎ドライバーの業務のために買っておくと捗るものをご紹介しています。

 

ガムや飴

 

深夜にものを食べすぎると眠気が強くなることは上述しました。

しかし、やはり夜はお腹が空くものですし、疲れには甘いものが効くとも言われています。

そこでおすすめの食べものは、長時間口に入れておけるガムや飴などです。食べ飽きないよう、ぜひとも複数種類をそろえておきましょう。

 

クッション

 

腰や背中のフィット感は、疲れだけでなく腰痛や肩こりなどにもかかわります。身体にフィットしたクッションがあると良いですね。

最近では良好な姿勢を保つための高級クッションなども売られており、検討の価値があります。高価格ですが、それだけのリターンがあるでしょう。

 

スピードメーター

 

本来、スピードメーターは車に付いていて当たり前ですが、別途外付けすることで得られる効果があります。

車を運転する上で急加速や急減速は体力を消耗する原因になり、実は一定速度で走り続けることが1番楽だとされています。

反対に、疲労のせいで気づかないうちに速度が上がっていたということもあります。

これらをケアするものが外付けのスピードメーター。元々のメーターよりも表示が大きく見やすい位置に設置できることから、速度を把握しやすくなります。

また、急加速や急減速時にアラートがなる機種もあり、体力の消耗を抑えてくれます。

数千円で買えるため、デリヘル送迎ドライバーとして働くなら一考の余地があるでしょう。GPS機能を活用したスマホアプリもあるため、数千円が惜しい方でも安心ですね。

 

デリヘル送迎ドライバーの業務で事故を起こさないために、徹底した対策を!

 

実際にデリヘル送迎ドライバーとして働いている方の中にも、無理がたたって交通事故を起こしてしまったという方がいます。

起こる確率が稀だとしても、交通事故は1度でも起こしてしまったらドライバー失格です。

「事故にならないようにがんばる」という精神論では解決しない問題です。ぜひとも上に挙げたような具体的な対策を準備した上で求人に応募したいですね。

 

文|ウィニング編集部